大学出版部協会

 

 勃興・構造不況から再成長へ日本の石油化学産業

日本の石油化学産業 勃興・構造不況から再成長へ

A4判 408ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-8158-0842-6 C3033
奥付の初版発行年月:2016年07月 / 発売日:2016年06月下旬

内容紹介

世界有数の巨大産業の誕生から今日までを、初めて通史として捉えた産業史の決定版。急速な成長と生産過剰のメカニズムを鋭く分析、政府による産業規制の理解を書き換えるとともに、世界的高シェア企業の叢生など、変容する日本の石油化学産業の新たな潮流も描き出す。

著者プロフィール

平野 創(ヒラノ ソウ)

1978年生。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。現在、成城大学経済学部准教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 化学産業の概観 —— 大きな産業規模と巨大企業の欠如
     1 2度の成長を経験した基幹産業
     2 石油化学工業とエチレン製造業の概要
       おわりに

  第Ⅰ部 高度成長と設備過剰問題

イントロダクション

第1章 石油化学産業の勃興期
     1 エチレン製造拠点の概略史
     2 石油化学工業第1期計画 —— 1955~60年の動向
     3 石油化学工業第2期計画 —— 1961~64年の動向
     4 石油化学産業勃興期の業界動向
       おわりに

第2章 石油化学産業の高度成長期
     1 官民協調方式の採用 —— 石油化学官民協調懇談会の設立
     2 エチレン年産10万トン基準と投資調整システム
     3 エチレン年産10万トン基準に基づく設備投資調整
       おわりに

第3章 大型設備の完工と設備過剰の発生
     1 エチレン年産30万トン基準の制定と運用システム
     2 通産省および有力企業による思惑の実現 (1967年)
     3 需要予測の上方修正と追加的認可 (1968年、1969年)
     4 エチレン年産30万トン基準に基づく設備投資調整の帰結
     5 石油化学業界を取り巻く変化
       おわりに

第4章 投資調整の継続と設備過剰の深化
     1 問題の所在 —— 不況下での投資の継続
     2 設備過剰下でのさらなる新設の認可
     3 大型設備を保有しない企業の着工 (1974~75年)
     4 設備投資調整の帰結
     5 第2次石油危機と産構法による設備処理
       おわりに

第5章 設備投資調整の逆機能
     1 調整が設備過剰をもたらしたプロセス —— 歴史研究としての発見事実
     2 投資調整による過剰投資の促進メカニズム
       おわりに

  第Ⅱ部 化学産業における国際競争力の高まり

イントロダクション

第6章 日本の化学企業の収益分析
     1 化学企業の収益分析
     2 日本の化学産業の特徴
       おわりに

第7章 エチレンセンター企業の変革
     1 エチレン生産量の再成長
     2 生産量の安定と産業内で生じた変化
     3 エチレンセンターの生産停止後の事業再構築
       おわりに

第8章 機能性化学事業の成長による国際競争力の獲得
     1 高収益化学企業による競争力獲得・維持のプロセス
     2 エチレンセンター企業における化学製品の高付加価値化
       おわりに

第9章 政府・企業間関係と産業発展のダイナミクス
     1 政府・企業間関係への注目
     2 設備投資調整をめぐる政府・企業間の相互作用
     3 3つの類型と産業発展のダイナミズム
       おわりに

終 章 石油化学産業の現状と課題
     1 基礎化学領域に関する政策的課題の検討
     2 機能性化学領域に関する政策的課題の検討
       おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。