大学出版部協会

 

物性論ノート

物性論ノート

A5判 216ページ 並製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-8158-0825-9 C3042
奥付の初版発行年月:2016年01月 / 発売日:2016年01月中旬

内容紹介

今度こそ納得! 振動・波動の基礎から、磁性や超伝導などの多体効果に至るまでを、大胆な構成と、類書にはない記述で解説。物理系や電気・電子系、物質・材料系学生など、初学者のつまずきに対する絶妙なフォローで、物性論の精髄をマスターする一冊。


目次

はじめに

第1章 まずはバネの振動から —— 古典力学の復習
  1-1 1個の質点からなる振動系: 単振動
  1-2 2個の質点からなる連成振動
  1-3 バネで結合された2つの振り子の系
  1-4 モードの一般的な求め方

第2章 数が増えるとどうなるか —— 多自由度系の力学
  2-1 モードの形と固有振動数
  2-2 分散関係と分散曲線
  2-3 結合振り子
  2-4 連続的な弦

第3章 弱くなったり強くなったり —— 摩擦や外力の効果
  3-1 減衰振動と強制振動
  3-2 多自由度系: 減衰のある場合
  3-3 物性論への展開

第4章 1次元を進む波 —— 進行波と格子振動
  4-1 進行波
  4-2 格子振動

第5章 2次元を進む波 —— 実格子と逆格子
  5-1 2次元空間の波
  5-2 逆格子空間
  5-3 格子波と波数ベクトル
  5-4 ブリルアン・ゾーン
  5-5 ブラッグの法則とラウエの回折条件
  5-6 フーリエ変換

第6章 波を粒子として見る —— フォノンを例として
  6-1 1自由度の調和振動子
  6-2 多自由度の調和振動子系
  6-3 固体の比熱: 量子統計の基礎

第7章 波と粒子に折り合いをつける —— 波束という概念
  7-1 波と粒子
  7-2 フーリエ変換と波束
  7-3 群速度と位相速度
  7-4 量子論と古典論

第8章 電子を波として見る —— 自由電子モデル
  8-1 電子の波動関数
  8-2 自由電子モデル
  8-3 状態密度
  8-4 量子力学の実験的証明

第9章 電子の進行波と定在波 —— バンド理論
  9-1 エネルギー・バンドの形成
  9-2 周期ポテンシャル
  9-3 エネルギーギャップ

第10章 電流を流す物質、流さない物質 —— 電気伝導
  10-1 金属と絶縁体
  10-2 金属の電気伝導
  10-3 絶縁体・半導体の電気伝導

第11章 多体問題の面白さ —— 磁石と超伝導体
  11-1 磁石
  11-2 超伝導体


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。