大学出版部協会

 

 ユーロダラーの発展とシティの復活ポンドの譲位

ポンドの譲位 ユーロダラーの発展とシティの復活

A5判 336ページ 上製
定価:5,500円+税
ISBN978-4-8158-0759-7 C3033
奥付の初版発行年月:2014年01月

内容紹介

ポンドはなす術もなく凋落したのか。ユーロダラーの発展と国際金融市場シティの隆盛も視野に、戦後ポンドの役割を再評価、基軸通貨交代の知られざる意義を描きだす。福祉国家化による国内均衡優先へと舵をきったイギリスの政策転換をも捉えて、一面的な衰退史像を大きく書き換える。『イングランド銀行金融政策の形成』、『ポンドの苦闘』 に続く三部作の完結編。


目次

序 章 ポンドの戦後史
     1 ポンドは単に衰退しただけなのか —— 問題の所在
     2 ポンドから見えてくる戦後国際通貨体制 —— 本書の意義
     3 戦後ポンド史の内面へ —— 本書の方法
     4 ポンド残高累積からスターリング協定廃止まで —— 本書の構成
     5 前史 —— 第二次大戦の勃発へ

第1章 ポンド残高の累積とブレトン・ウッズ会議
       —— 戦後苦境乗り切り構想の挫折
     はじめに
     1 ポンド残高の増大
     2 戦後の国際収支見通しと 「国際清算同盟案」 の作成
     3 ブレトン・ウッズ会議と為替管理権の放棄
     おわりに

第2章 英米金融協定の締結とイングランド銀行の国有化
       ——- 戦後ポンド政策の前提条件と執行態勢
     はじめに
     1 英米金融協定の締結
     2 1946年イングランド銀行法の制定
     3 1946年イングランド銀行法の性格
     4 1946年イングランド銀行法と1998年イングランド銀行法
     おわりに

第3章 交換性回復の失敗と為替管理再強化
       ——- スターリング地域維持とポンド擁護
     はじめに
     1 大戦終了直後のイギリス経済
     2 交換性回復とその挫折
     3 為替管理再強化とスターリング地域維持
     おわりに

第4章 1949年のポンド切下げ
       ——- ポンド復権を目指して
     はじめに
     1 交換性回復失敗後=切下げ前のイギリス経済
     2 切下げの準備と実施
     3 切下げの効果
     おわりに

第5章 ヨーロッパ決済同盟と交換性回復
       —— 復権から危機へ
     はじめに
     1 EPU設立とポンド
     2 EPUの機能とポンド
     3 交換性回復とポンドの地位
     おわりに

第6章 ユーロダラー市場の発展とシティの復活
       —— ポンドからユーロダラーへ
     はじめに
     1 ユーロダラー市場の起源と取引態様
     2 ロンドンにおけるユーロダラー市場の発展
     3 当局のユーロダラー市場認識と対応
     4 シティの復活
     おわりに

第7章 1967年切下げとヨーロッパ経済共同体加盟
       —— ポンド政策の動揺・混迷・「収斂」
     はじめに
     1 ポンド危機の深化とポンド政策への懐疑
     2 ポンド切下げとポンド政策の動揺
     3 EECへの接近とポンド政策の混迷化
     4 EEC加盟決定後のポンド政策の 「収斂」
     おわりに

終 章 ポンドの衰退と譲位
     1 国際通貨ポンドの存続
     2 凋落に潜む譲位の側面 —— 国際通貨ポンドと福祉国家の対立
     3 維持から譲位への転換過程
     4 ポンドから見えてきた戦後国際通貨体制


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。