大学出版部協会

 

 1960年代からの政党再編成アメリカ福音派の変容と政治

アメリカ福音派の変容と政治 1960年代からの政党再編成

A5判 456ページ 上製
定価:6,600円+税
ISBN978-4-8158-0734-4 C3031
奥付の初版発行年月:2013年07月

内容紹介

宗教右派が呼び起こした政治的うねりは、はたして米国でどれほどの力をもってきたのか。エピソードで語られがちな政治と宗教の関係を、保守的教派と政党対立構造の変化のダイナミズムを焦点に、長期にわたる統計分析によって客観的に把握し、今後を展望した画期的労作。


目次

序 論

第1章 先行研究と分析の枠組み
  第1節 宗教と政治の関わりに関する先行研究
     1 民族宗教理論
     2 宗教再編成理論
  第2節 統合モデル
     1 宗教的信念と宗教への態度
     2 宗教教派への帰属
     3 統合モデル
  第3節 宗教への帰属と福音派の定義
     1 宗教伝統系列
     2 福音派教派の定義と教派分類
     3 福音派分類に関わる諸問題
     4 まとめ
  第4節 政党再編成理論
     1 政党再編成の定義
     2 政党再編成のメカニズム
     3 争点交代の不在
     4 「争点態度レベル」 と 「集団レベル」 の組み替え
     5 データセット

第2章 福音派の形成とリベラリズムへの反応
  第1節 福音派の形成
     1 近代主義への反動
     2 原理主義運動
     3 原理主義-近代主義論争
     4 原理主義陣営の分裂とNAEの誕生
     5 主流派と福音派の形成
     6 社会経済的特徴と党派性
     7 その他の系列
     8 まとめ
  第2節 リベラリズムの拡大と福音派の反応
     1 リベラリズムの急進化と世論からの乖離
     2 主流派
     3 福音派
     4 福音派運動の変質と指導者の交代
     5 まとめ

第3章 福音派と政党対立構造の変容
  第1節 1960年代の政治変動と未完の政党再編成
     1 1950年代の政党対立
     2 人種問題
     3 リベラリズムの拡大と民主党のリベラル化
     4 共和党の曖昧な対応
     5 まとめ —— 未完の争点進化
  第2節 宗教右派運動と政党再編成
     1 亀裂勢力の台頭
     2 亀裂勢力の浸透と共和党の保守政党化
     3 争点の融合と拡大
     4 まとめ —— 争点進化の完成
  第3節 イデオロギー対立の激化と福音派の新たな変容
     1 イデオロギー対立の激化
     2 宗教右派の衰退
     3 福音派の新たな変容
     4 まとめ

第4章 政党再編成
     —— イデオロギー争点の形成と福音派の変容が生んだ政党支持基盤の変化
  第1節 争点と政党再編成
     1 争点の進化
     2 争点による政党支持基盤変化
     3 イデオロギー争点による政党再編成
     4 まとめ
  第2節 福音派の変容と政党再編成
     1 宗教への帰属
     2 争点の変化と宗教集団の反応
     3 政党支持変化の理由
     4 政党再編成と福音派の影響
     5 社会経済的属性の影響
     6 まとめ
  第3節 3つのBによる統合分析
     1 宗教的信念と態度
     2 政党支持と争点態度
     3 統合分析
     4 政党支持連合の変容
     5 まとめ

第5章 福音派変容のプロセス
     —— 世代交代によって変化した政党支持傾向
  第1節 問題の設定と仮説
     1 政党帰属意識に関する論争
     2 政党帰属意識に関する仮説
     3 加齢による党派性の強化
  第2節 世代交代と転向による変化
     1 世代間の政党支持格差
     2 転向と世代交代
     3 世代格差が生まれた理由
     4 人口移動
     5 世代交代のインパクト
     6 まとめ
  第3節 福音派の新たな変容
     1 1970年世代
     2 新世代のインパクト
     3 宗教伝統系列別比較
     4 宗教と政治
     5 まとめ

結 論
  第1節 まとめと結論
  第2節 今後の展望

補論1 プロテスタント教派の歴史と分類
補論2 変数の説明


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。