大学出版部協会

 

 細胞・組織・画像新版 乳腺病理学

新版 乳腺病理学 細胞・組織・画像

A4判 124ページ 並製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-8158-0722-1 C3047
奥付の初版発行年月:2013年03月

内容紹介

最新のWHO分類(ブルーブック)第4版に準拠し、乳腺疾患の概念、針生検を含む病理診断のポイント、臨床画像などを簡潔・明快にまとめた、待望の改訂版。組織像や細胞像のカラー写真も大幅に更新・増補し、見やすい形で掲載した。医師・臨床検査技師・診療放射線技師必携の書。


目次

Ⅰ 総 論
  1 マンモグラムと病理
    A 乳腺の解剖学 /B 石灰化 /C 腫瘤
  2 穿刺吸引細胞診
    A トリプルアプローチ /B 乳腺細胞診の原理 /C 細胞診報告のカテゴリー
  3 針生検
    A 針生検の判定区分と報告書式 /B 針生検報告のカテゴリー
  4 乳腺腫瘍のWHO分類
    A 新WHO分類における提案 /B わが国における乳腺腫瘍分類の状況 /C WHO
    分類の歴史とわが国の対応 /D 乳腺腫瘍分類におけるガイドライン・ラグと二重基準

Ⅱ 良性病変と、その関連病変
  1 線維腺腫と関連病変
    A 線維腺腫 /B 線維腺腫様過形成 /C 管状腺腫 /D 授乳性腺腫 /E 過誤
    腫 /F 葉状腫瘍
  2 乳頭腫と関連病変
    A 乳管内乳頭腫 /B 乳管内乳頭癌 /C 被包性乳頭癌 /D 充実乳頭癌 /E
    乳頭部腺腫 /F 汗管腫様腫瘍 /G 多形腺腫 /H 腺筋上皮腫
  3 良性上皮増殖
    A 腺症、硬化性腺症、結節性硬化性腺症、アポクリン腺症 /B 放射状瘢痕・複雑型
    硬化性病変 /C 微小腺管腺症
  4 乳腺症と関連病変
    A 線維嚢胞性変化 /B 孤立性嚢胞 /C 明細胞化生
  5 その他の良性非腫瘍性病変
    A 乳管拡張症 /B 粘液瘤様腫瘍 /C 乳輪下膿瘍 /D 脂肪壊死 /E 特発
    性肉芽腫性小葉性乳腺炎 /F その他の良性非腫瘍性病変
  6 比較的まれな良性間葉系腫瘍
    A 筋線維芽細胞腫 /B 偽血管腫様間質過形成 /C 顆粒細胞腫 /D その他
    の良性間葉系腫瘍

Ⅲ 乳管内増殖病変
  1 通常型乳管過形成
    A 通常型乳管過形成 /B 若年性乳頭腫症 /C 女性化乳房型過形成 /D 円
    柱上皮化と円柱上皮過形成 /E 平坦型上皮異型 /F Cystic hypersecretory
    hyperplasia /G Collagenous spherulosis
  2 異型過形成
    A 異型乳管過形成 /B 異型小葉過形成

Ⅳ 悪性非浸潤性病変
  1 非浸潤性乳管癌
    A 高悪性度非浸潤性乳管癌 /B 低悪性度非浸潤性乳管癌 /C 中悪性度非浸
    潤性乳管癌 /D 混合型非浸潤性乳管癌
  2 特殊な非浸潤性乳管癌
    A アポクリン非浸潤性乳管癌 /B 乳管内乳頭癌 /C 被包性乳頭癌 /D 充実
    乳頭癌 /E 印環細胞型非浸潤性乳管癌 /F 紡錘細胞型非浸潤性乳管癌 /G
    明細胞型非浸潤性乳管癌 /H Cystic hypersecretory DCIS /I その他のまれな
    DCIS /J Paget病
  3 微小浸潤癌
    A 微小浸潤癌
  4 小葉新生物
    A 小葉新生物

Ⅴ 悪性浸潤性病変
  1 非特殊型および特殊型の浸潤性乳癌
    A 非特殊型浸潤性乳癌 /B 浸潤性小葉癌 /C 管状癌 /D 篩状癌 /
    E 髄様癌 /F 粘液癌
  2 まれな原発性乳癌
    A 化生癌 /B 浸潤性微小乳頭癌 /C 腺様嚢胞癌 /D 分泌癌 /E
    アポクリン癌 /F 脂質分泌癌 /G その他のまれな原発性乳癌
  3 その他の乳腺悪性腫
    A 転移性腫瘍


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。