大学出版部協会

 

開発経済学と現代中国

開発経済学と現代中国

A5判 306ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-8158-0710-8 C3033
奥付の初版発行年月:2012年09月

内容紹介

中国は開発経済学で解けるのか —— 。未曾有の変貌をとげる現代中国を、社会科学の実験場とみなし、開発経済学のさまざまなモデルや仮説を準拠枠として、その 「発展」 の軌跡を検証する。はたして 「中国モデル」 は存在するのか。第一人者による透徹した中国経済論。


目次

序 章 中国経済の捉え方: 開発経済学的枠組みと視座
  はじめに
  1.経済発展または開発: 基本的概念と分析枠組み
  2.時期区分: 改革開放以前と以後
  3.実験場としての中国
  4.本書における開発モデル
  5.準拠枠としてのモデルと仮説
  6.実証方法について
  補論1 現代中国経済略史: 開発戦略の変遷過程

第1章 初期条件と歴史的文化的特性
  はじめに
  1.ガーシェンクロンの 「後進性の優位」 仮説
  2.制度の形成と進化: ノースの 「経路依存性」 論と速水の 「誘発的制度革新」 論
  3.2つの歴史的遺産: 1949年と1978年
  4.歴史的視野から見た現代中国の経済発展: 市場経済の発展
  5.文化論: ウェーバーの 「儒教論」 はなぜ間違っていたのか

第2章 成長モデルと構造変化
  はじめに
  1.ハロッド=ドーマー・モデル
  2.貯蓄率と成長: ロストウの段階論、中国の高貯蓄
  3.重工業化モデル: マハラノビス・モデルとフェリトマン=ドーマー・モデル
  4.成長会計モデルとチェネリーの標準パターン論: 中国への適用
  5.ペティ=クラークの法則、ホフマン法則と中国
  6.不均整成長論、ビッグプッシュ・モデルと計画経済
  7.内生的成長論と経済発展
  補論2 グレンジャーの因果分析
  補論3 重工業と軽工業

第3章 ルイス・モデルと中国の転換点
  はじめに
  1.転換点論争
  2.ルイス・モデルとレニス=フェイ・モデル
  3.過剰労働論再考: ヌルクセ型偽装失業とルイス型過剰労働
  4.日本、台湾、韓国における経験と中国
  5.都市農村分断と転換点
  6.郷鎮企業モデル
  7.ハリス=トダロ・モデルと中国における労働移動: 盲流から民工潮へ
  8.開発と都市化

第4章 外向型発展モデルと中国
  はじめに
  1.2つの開発戦略: 輸入代替と輸出主導
  2.貿易と交易条件: プレビッシュ=シンガー命題を中心に
  3.中国の貿易政策: 貿易の自由化とWTO加盟
  4.中国の新たな貿易レジーム: 特区と加工貿易
  5.外国直接投資の役割と決定要因
  6.成長、貿易、FDI のダイナミックス
  7.外資に対する評価

第5章 雁行形態論・キャッチアップ型工業化論とその限界
  はじめに
  1.雁行形態の3類型
  2.アジアの経験: 第1次輸入代替から第2次輸出代替へ
  3.雁行形態論と産業・技術の国際的伝播
  4.特化係数やRCA指数から見た雁行形態モデルと中国
  5.輸出財の技術集約度
  6.中国に 「雁行形態モデル」 は妥当するか
  7.キャッチアップ型工業化論の限界

第6章 人口転換と人口ボーナス
  はじめに
  1.人口と経済発展: マルサスの罠と低水準均衡の罠
  2.人口転換とは
  3.中国の人口構造の推移と特色
  4.人口ボーナスとは
  5.中国における人口ボーナス論
  6.高齢化が中国にもたらすもの
  7.人口規模と経済発展: 中国の経験

第7章 分配と貧困
  はじめに
  1.クズネッツ仮説とその妥当性
  2.中国における格差の構造と推移
  3.格差の決定因
  4.ウィリアムソン仮説と地域格差拡大・縮小のメカニズム
  5.中国における貧困水準の動きと貧困の構造
  6.格差と貧困をめぐるいくつかの問題
  補論4 ワハカ=ブラインダー (OB) 分解

第8章 人的資本と教育
  はじめに
  1.シュルツとベッカーの人的資本論
  2.教育のミンサー型収益率
  3.中国における人的資本の蓄積
  4.中国における教育の収益率とその効果
  5.教育の収益率のダイナミックス

第9章 環境クズネッツ曲線と中国の環境問題
  はじめに
  1.環境と経済発展
  2.環境クズネッツ曲線
  3.中国の経済発展と環境クズネッツ曲線
  4.中国における環境政策の変遷
  5.国際環境問題と中国の主張

第10章 開発独裁モデル: 中国における政府と市場の関係
  はじめに
  1.開発独裁とは、開発主義とは
  2.開発における国家・政府と市場
  3.東アジアにおける経験: アムスデンと村上泰亮
  4.中国の特殊性: 共産党と国民党の比較
  5.政治体制と成長: 民主主義、独裁と成長
  6.「開発」 の意味論: センの 「自由としての開発」 論と中国

終 章 中国の開発経験をどう見るか
  はじめに
  1.中国の開発経験: その開発経済学への貢献と示唆
  2.市場創生のダイナミズムと技術吸収
  3.「中国モデル」 再考
  4.「調和の取れた社会」、「科学的発展観」 と開発論
  5.「中所得 (国) の罠」 を超えて


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。