大学出版部協会

 

 南洋群島をめぐる国際政治 1914-1947日本帝国と委任統治

日本帝国と委任統治 南洋群島をめぐる国際政治 1914-1947

A5判 336ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-8158-0686-6 C3031
奥付の初版発行年月:2011年12月

内容紹介

「文明の神聖なる使命」 とは —— 。帝国主義と新外交の狭間で生み出された、国際連盟による委任統治制度は、列強がせめぎあう太平洋に何をもたらしたのか。「仮装された植民地」 として日本が支配した 「南洋群島」 を軸に、20世紀前半の国際政治と日本の対外政策の展開を鮮明に描き出す。


目次

序 章

第1章 國際聯盟の委任統治制度
   1 創 設
   2 問 題
   3 終 焉
   4 残された課題

第2章 南洋群島の取得から委任統治へ 1900-30
   はじめに
   1 前 史
   2 ドイツ領南洋群島の占領と戦時交渉
   3 パリ講和会議と南洋群島の分配
   4 ヤップ紛争からワシントン会議へ
   5 静謐な十年

第3章 國際聯盟脱退と南洋群島委任統治の継続 1931-35
   はじめに
   1 満洲事変の南洋群島への波及
   2 委任統治継続をめぐる交渉
   3 委任統治の継続
   おわりに

第4章 南洋群島とドイツ植民地回復問題 1933-39
   はじめに
   1 ドイツ植民地回復問題
   2 南洋群島をめぐる日独交渉
   おわりに

第5章 ポスト・ワシントン体制の模索と南洋群島 1934-39
   はじめに
   1 新秩序の模索
   2 太平洋中立化構想と南洋群島
   3 南洋群島をめぐる太平洋戦略
   おわりに

第6章 大東亜共栄圏と南洋群島 1939-45
   はじめに
   1 三国同盟と南洋群島の 「併合」
   2 南進拠点としての南洋群島
   3 絶対国防圏の崩壊と南洋群島
   おわりに —— 日本の南洋群島戦後構想

第7章 繰り返される歴史 1942-47
      —— 戦後処理と南洋群島
   はじめに
   1 戦時外交と南洋群島
   2 戦後交渉と南洋群島
   3 戦略信託統治
   おわりに

終 章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。