大学出版部協会

 

啓蒙の運命

啓蒙の運命

A5判 608ページ 上製
定価:7,600円+税
ISBN978-4-8158-0664-4 C3010
奥付の初版発行年月:2011年03月

内容紹介

啓蒙の終焉か、深化か —— 。近代とともにあった啓蒙の「終焉」が予告されてすでに久しい。だが、啓蒙とはその始まりから問いに付され、審問にかけられる中で展開してきた、再帰性をもった運動であった。本書は啓蒙の多面性に光をあてると同時に、複数の系譜を浮かび上がらせ、その未来を洞察した白熱の共同論集である。


目次

序 論 啓蒙の運命 —————- 富永茂樹

    Ⅰ 「啓蒙の世紀」の諸相

第1章 「啓蒙の時代」 の 「啓蒙への問い」 —————- 吉田耕太郎
     はじめに
     1 いまいちど啓蒙の時代へ
     2 文化史と光
     3 啓蒙論の周辺
     4 啓蒙の自己反省と破綻
     5 1780年の懸賞論文
     6 公論の空間と啓蒙

第2章 代表制・公論・信用 —————- 王寺賢太
     —— 『両インド史』 の変貌とレナル、ネッケル、ディドロ ——
     はじめに —— 革命から啓蒙へ
     1 『両インド史』 の一起源
       —— レナル/ネッケルのインド会社擁護論 (1763-70年)
     2 レナル —— インド会社擁護論の政治的次元 (1770年)
     3 ネッケル —— 財務総長官のポリティクス (1776-81年)
     4 ディドロ —— 『両インド史』 の政治的急進化 (1774-80年)

第3章 投資社会の勃興と啓蒙 —————- 坂本優一郎
     —— 七年戦争後のブリテンにおける改良・アニュイティ・科学的学知 ——
     はじめに
     1 「改良」と「投資社会」
     2 トンチンとアニュイティ
     3 科学的学知
     おわりに

第4章 ニュートン主義と薔薇十字団員の月世界旅行 —————- 長尾伸一
     1 ニュートン主義の公共性と秘教性
     2 世界の複数性・不可知性
     3 迷宮の中の灯火
     おわりに —— 理性の運命

第5章 啓蒙と神秘思想 —————- 増田 真
     —— ル・メルシエ・ド・ラ・リヴィエール
         『幸福な国民またはフェリシー人の政体』における宗教 ——
     はじめに
     1 ル・メルシエ・ド・ラ・リヴィエールと 『幸福な国民』
     2  『幸福な国民』 における人間論と政治
     3 世界観と神秘思想
     おわりに

第6章 恐怖政治と最高〈存在〉の祭典 —————- 上田和彦
     —— 政治的なものの宗教と芸術 ——
     1 最高 〈存在〉 の祭典
     2 革命政府の正当化と恐怖政治 —— 「分派」 の排除
     3 恐怖政治から最高〈存在〉の祭典へ —— 浄化と再生
     4 最高 〈存在〉 の祭典 —— 宗教と虚構の必要性
     5 〈人民〉 のイメージ —— 芸術の奸策
     6 弁証法、供儀、芸術

第7章 言語の 「脱魔術化」 を超えて —————- 久保昭博
     —— ベンサムのフィクション理論 ——
     1 ベンサムと 「啓蒙」
     2 有害なフィクション —— レトリック批判と法的フィクション
     3 功利主義とフィクション —— ベンサムの言語論と論理学
     4 ベンサムと啓蒙 —— 再検討に向けて

    Ⅱ 「啓蒙」 への反動と展開 —— フランス革命から第二次世界大戦まで

第8章 「啓蒙」 の完遂者ルソー —————- 桑瀬章二郎
     —— メーストルによる 『社会契約論』 批判 ——
     はじめに
     1 「啓蒙」 の精神
     2 「立法者」 概念の批判
     3 全能の神の誘惑

第9章 コンドルセ vs トクヴィル —————- 富永茂樹
     —— 《無限の完成可能性》 の概念をめぐって ——
     はじめに
     1 トクヴィルの疑念
     2 限界の消失
     3 啓蒙の転回
     4 平等の拡がり
     おわりに

第10章 コンドルセからコントへ —————- 北垣 徹
     —— 啓蒙の転換 ——
     はじめに —— 「タブロー」 から 「プラン」 へ
     1 コントからみたコンドルセ
     2 歴史という認識
     3 実証主義の思想
     4 新たなる宗教
     おわりに —— 過渡と混淆のなかで

第11章 アーノルドと教養 —————- 小田川大典
     —— ヴィクトリア期における 「啓蒙」 ——
     はじめに —— ヴィクトリア期における 「教養」
     1 精神と自然の分裂
     2 自由の普遍史
     3 教養と国家
     おわりに

第12章 19世紀の果実、20世紀の種子 —————- 田中祐理子
     —— パストゥールについて ——
     1 カンギレムとフーコー —— 「医学史」 をめぐる一つの対話
     2 「19世紀におけるすべての医学理論の死」
     3 パストゥールという思考装置
     4 「生成、生命のすべて」

第13章 農民になりたい! —————- 藤原辰史
     —— ナチスの収穫劇にみる脱啓蒙の思想 ——
     1 「完全に啓蒙された村」 からの脱出
     2 祝祭とラジオの結合 —— 『収穫感謝』 の背景
     3 『収穫感謝』 のなかの 「公共性の構造転換」
     4 生命空間のなかの 「変身」
     おわりに —— 公共圏の生態学的転換のために

    Ⅲ 「新たなる啓蒙」 の模索 —— 第二次世界大戦以後

第14章 郷愁の啓蒙 —————- 岡田暁生
     —— アドルノの交響曲/室内楽論について ——
     はじめに
     1 交響曲の 「共同体形成機能」 —— パウル・ベッカーの音楽社会学について
     2 「ベートーヴェン的なもの」 へのアドルノのアンビバレンツ
     3 礼節の弁証法 —— モーツァルトへの一瞥
     4 「連弾で、今一度」 —— 社会モデルとしての連弾

第15章 快楽と幸福のアンチノミー —————- 立木康介
     —— ラカンの 「カントとサド」 をめぐって ——
     はじめに
     1 快と享楽 —— もしくは法と 〈物〉
     2 ヘドニズムとその限界
     3 カントとサド

第16章 〈我々とは誰か〉 あるいはフーコー最晩年の 〈外の思考〉 —————- 市田良彦
     1 啓蒙というパレーシア、あるいは牧人権力と 〈我々〉
     2 一つの問題系としてのパレーシア、あるいは1982年のフーコー
     3 政治と哲学を分節するパレーシア

第17章 自生するものについ —————- 田中祐理子
     —— アメリカ、20世紀をめぐる試論 ——
     はじめに —— 二つの科学
     1 新成人の出来 —— 「アメリカ」の科学史
     2 「バイオテクノロジー」 の日常的実践 —— 「アメリカ」 の民族誌?
     3 「自生する身体」からの問い

第18章 繊細と忍耐 —————- 斉藤 渉
     —— コミュニケーション的合理性の 〈運命〉 ——
     はじめに
     1 目的合理性とコミュニケーション的合理性
     2 Let’s Make Money

第19章 「終わりある啓蒙」 と 「終わりなき啓蒙」 —————- 佐藤淳二
     はじめに —— 「書物」 とその外部
     1 終わりある啓蒙 —— 問題としてのカントの公共性
     2 啓蒙は終わるのか? —— カントからヘーゲルへ
     おわりに —— 〈ラディカルな啓蒙〉 の運命と使命


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。