大学出版部協会

 

現代イスラーム金融論

現代イスラーム金融論

A5判 258ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-8158-0658-3 C3033
奥付の初版発行年月:2011年01月

内容紹介

グローバル化するイスラーム金融の、初の本格的研究 —— 。金融システムや金融手法の今日的展開をふまえ、イスラーム金融の実践を世界観ごと外部から理解可能なロジックで分析。利子と利得の基準、流動性問題への対応、不確実性の扱い方などを通して、根底にある志向を把握し、近代資本主義との関係でその現代性を明らかにするとともに、経済史的な普遍性をも指し示す。


目次

序 章 現代イスラーム金融論にむけて

  1. 拡大するイスラーム金融
  2. 現代イスラーム金融論とは何か
     2-1. 近代イスラーム経済学を乗り越える
     2-2. 現代イスラーム金融論の視座と方法
  3. 本書について
     3-1. 構 成
     3-2. 利用資料
     3-3. 用 語

第1章 イスラーム金融の展開と金融システム

  1. イスラーム金融の展開
     1-1. イスラーム金融の先駆け (1960年代)
     1-2. 商業展開のはじまり (1970年代)
     1-3. 国際展開と金融システムのイスラーム化 (1980年代前半)
     1-4. 試練の時代 (1980年代後半~1990年代初め)
     1-5. 飛躍に向けたインフラの整備 (1990年代)
     1-6. グローバル化するイスラーム金融 (2000年代)

  2. イスラーム金融システムと金融手法
     2-1. ムダーラバ
     2-2. ムシャーラカ
     2-3. ムラーバハ
     2-4. イジャーラ
     2-5. サラムとイスティスナーウ
     2-6. カルド・ハサン
     2-7. ワディーア

第2章 リバー論の系譜

  1. はじめに

  2. 近代以前のリバー論
     2-1. クルアーンにおけるリバー
     2-2. スンナ派イスラーム法学におけるリバー概念の典拠
     2-3. スンナ派イスラーム法学におけるリバー論
     2-4. シーア派イスラーム法学におけるリバー論

  3. リバー概念の経済学
     3-1. リバー概念の体系化の目的
     3-2. リバー概念のネガティヴ・インパクト
     3-3. リバー概念のポジティヴ・インパクト

  4. 近代におけるリバー論の展開
     4-1. リバー概念と利子の邂逅
     4-2. リバー限定論におけるリバー概念と利子
     4-3. 利子=リバー論におけるリバー概念と利子

  5. おわりに

第3章 近代イスラーム経済学の展開

  1. はじめに

  2. 近代イスラーム経済学とは何か
     2-1. イスラームにおける「宗教」と「経済」
     2-2. イスラーム経済学の方法論的特色

  3. 近代イスラーム経済学のダイナミズム
     3-1. 近代イスラーム経済学の形成
     3-2. 近代イスラーム経済学の成立
     3-3. イスラーム金融の理念と現実をめぐるダイナミズム

  4. 近代イスラーム経済学の新展開
     4-1. 高度化・複雑化するイスラーム金融
     4-2. 「シャリーア・コンプライアンス」批判がひらく新地平
     4-3. 近代イスラーム経済学のコペルニクス的転回?

  5. おわりに

第4章 「認められる利得」と「禁じられる利子」のあいだ

  1. はじめに

  2. ムラーバハにおける利得と利子
     2-1. イスラーム銀行と「ムラーバハ・シンドローム」
     2-2. ムラーバハのイスラーム法学上の争点
     2-3. ムラーバハにおけるマークアップとリバー

  3. 初期スクークにおける利得と利子
     3-1. 初期スクークと「バイウ・ダイン」の問題
     3-2. 「バイウ・ダイン」とリバー

  4. 「利得」と「利子」の分水嶺

  5. おわりに

第5章 流動性問題はいかに解かれてきたか

  1. はじめに

  2. イスラーム金融に固有の流動性問題

  3. 二極時代の流動性手法の地域的多様性 (1990年代まで)
     3-1. マレーシアの取り組み : 金融機関の流動性管理手法の場合
     3-2. マレーシアの取り組み : 顧客への流動性提供手法の場合
     3-3. バイウ・イーナのレジティマシーをめぐる地域間論争

  4. グローバル化時代の新展開 (2000年代)
     4-1. コモディティ・ムラーバハとタワッルクの登場
     4-2. マレーシアの世界戦略とコモディティ・ムラーバハとタワッルクの台頭
     4-3. タワッルクのレジティマシーをめぐる超地域論争

  5. おわりに

第6章 偶然を飼い馴らす : ガラル概念と不確実性

  1. はじめに

  2. ガラル論の系譜
     2-1. 典拠とガラル概念
     2-2. 近代以前のイスラーム法学におけるガラル概念

  3. イスラーム金融とガラル概念
     3-1. 保険商品をめぐる現代ガラル論の展開
     3-2. 金融派生商品とガラル概念

  4. 不確実性とガラル概念
     4-1. ガラル概念の経済学
     4-2. ムダーラバからみたガラル概念

  5. おわりに

第7章 歴史のなかのイスラーム金融

  1. はじめに

  2. イスラームにおける独自の金融システム観
     2-1. 金融手法の是非をめぐる議論の枠組み
     2-2. 実物経済に埋め込まれた金融システム

  3. イスラーム金融からの金融史再考
     3-1. 近代以前のイスラーム世界の金融システム
     3-2. 金融システムの「大いなる分岐」

  4. イスラーム金融と現代
     4-1. イスラーム金融システムの現在的意匠
     4-2. 世界経済のなかのイスラーム金融
     4-3. イスラーム金融の安定性再考

  5. おわりに

略称・通称一覧

イスラーム金融で主に用いられるアラビア語用語一覧・表記対照表


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。