大学出版部協会

 

高校生からの法学入門

高校生からの法学入門

四六判 並製
定価:900円+税
ISBN978-4-8057-2709-6 C1332
奥付の初版発行年月:2016年07月 / 発売日:2016年08月上旬

内容紹介

「お前、昨日、既読スルーしただろ、見たらすぐに返事しろよ。」「既読スルーなんてしてねぇよ。そもそも既読スルーって何なんだよ。」(第10章「友だちとケンカ・・・」より)
私たちが法を意識する場面はそれほど多くないかもしれませんが、見たり、聞いたり、経験したりすることの中に、法はたくさん溶け込んでいます。また、私たちの日常生活の中で訪れる些細なことを「法的に考える」ということは、とても重要です。いじめ、SNS、ブラックバイト、18歳選挙・・・。高校生にも身近に感じられる話題から、法学へ誘う12のメッセージを、中央大学法学部の執筆陣が送ります。


目次

〈主要目次〉
序 章 何のために「法」はあるの?
第1章 「遅刻したらトイレ掃除1週間」は効果的?―犯罪と刑罰
第2章 「彼と付き合う」を分析する
―契約の拘束力
第3章 他人の悪口を言うことは自由なの?
―表現の自由
第4章 おまえのものはおれのもの、おれのものもおれのもの ―所有権の本質
第5章 自分たちのことは自分たちで決める
―選挙権と国民主権、議会制民主主義

第6章 いじめを軽くみるな!
―刑法的思考の第一歩
第7章 なんでお母さんが株式会社の会議に
出るの?―会社組織の法
第8章 働きがいのある人間らしい仕事とは?
―雇用社会と法
第9章 山本君、ケガしたってよ
―損害の賠償責任
第10章 友だちとケンカ
―紛争処理と法
終 章 結局、「法」を学ぶことの意味って何?


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。