大学出版部協会

 

世界から見た中国経済の転換

中央大学経済研究所研究叢書70
世界から見た中国経済の転換

A5判 上製
定価:2,900円+税
ISBN978-4-8057-2264-0 C3033
奥付の初版発行年月:2017年10月 / 発売日:2017年11月上旬

内容紹介

内外経済環境の変化によって、中国経済は転換期を迎えている。中国は、いわゆる「新常態」への
移行を目指しているが、その成否は世界的な関心事といってよい。
そこで本書は、まずはこの転換期において中国自身が抱える問題を金融経済面、貿易面、消費者
行動について分析。次に、アジア経済統合との関係、EUとの通商関係、人民元のアジア通貨化、
韓中経済関係というように、特定地域・国との関係へと論点を広げている。最後は、日中における観光産業の振興、インドの経済格差問題を取り上げることによって、中国への示唆を導くなど、「転換期の
中国経済」の現状と展望について広角的に論じた叢書である。

著者プロフィール

中條 誠一(ナカジョウ セイイチ)

中央大学経済学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

<主要目次>
第1章 中国経済・新常態の対外不均衡-高貯蓄・高流動性経済の矛盾-
第2章 中国の付加価値貿易と産業構造
第3章 中国における経済転換の課題-家計消費を焦点として-
第4章 東アジア経済統合と中国経済
第5章 EUの対中国通商政策と中国の対応
-これまでの展開と若干の展望-

第6章 真の人民元の国際化とアジア通貨システムの行方
第7章 転換期を迎えた韓中経済-相互補完関係は持続可能か-
第8章 地方創生の観光産業-日本と中国-
第9章 インドにおける家計消費支出の地域格差:その実態と要因


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。