大学出版部協会

 

 合衆国最高裁判所判決「第8修正関係」-死刑米国刑事判例の動向V

日本比較法研究所研究叢書104
米国刑事判例の動向V 合衆国最高裁判所判決「第8修正関係」-死刑

A5判 上製
定価:6,900円+税
ISBN978-4-8057-0804-0 C3332
奥付の初版発行年月:2016年02月 / 発売日:2016年02月中旬

内容紹介

米国憲法第8修正(残虐かつ異常な刑罰の禁止)に基づく、死刑の合憲性に関する最高裁判所の裁判例の解説。米国の死刑(量刑)法の原点である1970年代半ばの裁判例から以降、2014年度開廷期までの最新裁判例を扱う。量刑裁量、加重、減軽事由の範囲と衡量、VIS等の量刑事情、少年等に対する死刑、陪審構成と役割、説示、上訴、執行に関する憲法上の基準が論じられる。刑罰論、立法と裁判、裁判部門での裁判官と陪審員並びに公判と上訴間の役割分担、被害者関与の要求とのバランスなど、を理論的に検討し具体的な仕組みと方策を設計、運用する点で、同様の憲法と統治機構の下で死刑制度を有する日本に有益な比較法研究。

著者プロフィール

椎橋 隆幸(シイバシ タカユキ)

中央大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

〈主要目次〉

はしがき
Ⅰ 量刑判断
<1裁 量>
1 必要的死刑の合憲性
2 相応性判断と選別判断
<2平等保障>
<3適正手続>
<4衡 量>
1 類似事例との比較
2 加重事由と減軽事由の比較
<5量刑事情>
1 犯情
2 VIS
Ⅱ 加重事由
1 解釈
2 漠然性
3 将来の危険性
Ⅲ 減軽事由
1 範囲
2 手続き
Ⅳ 被告人の年齢、能力
1 犯行時年齢
2 精神能力
Ⅴ 陪審:構成と役割
1 陪審構成
2 役割
Ⅵ 説示
Ⅶ 上訴
Ⅷ 執行


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。