大学出版部協会

 

遼東半島上馬石貝塚の研究

遼東半島上馬石貝塚の研究

B5判 404ページ 上製
定価:8,000円+税
ISBN978-4-7985-0149-9 C3022
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年03月上旬

内容紹介

1941年に日本学術振興会によって行われた遼東半島上馬石貝塚の発掘は、長い間その資料が公開されないままであった。それは、新石器時代から青銅器時代さらに初期鉄器時代に至るまで連綿と続く遺跡であり、本地域の基準的な土器編年網を構築できる遺跡であった。これによって作り出された遼東土器編年は、中国中原と朝鮮半島さらには北部九州を結ぶことができるものであり、弥生の実年代を考古学的手法によって唯一解明できるものである。その結果、北部九州の弥生時代の開始は紀元前8世紀頃にあることが証明された。さらには、韓国無文土器文化の起源を土器製作技法から繙き、遼東の偏堡文化の拡散と関係することを初めて明らかにした。こうした土器製作技術の解明は、朝鮮半島の無文土器の始まり、さらには弥生土器の起源を明らかにすることに繋がった。また、韓国初期鉄器時代に相当する粘土帯土器の出自が遼東にあることを、初めて実証的に示したのである。カラー写真の口絵8頁、モノクロ写真の図版58頁を収録。

出版部から一言

上馬石貝塚から韓国無文土器文化と弥生文化の起源を探る!

著者プロフィール

宮本 一夫(ミヤモト カズオ)

九州大学大学院人文科学研究院 教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

主要目次

巻首図版
序 ―上馬石貝塚発掘報告書の刊行にあたって― / 小野山 節
第1章 調査の経過と周辺の遺跡 / 宮本一夫
第2章 上馬石貝塚の層位と遺構 / 宮本一夫
第3章 上馬石貝塚出土土器・青銅器 / 宮本一夫
第4章 上馬石貝塚出土石器・骨角器 / 森 貴教
第5章 遼東半島土器編年と上馬石貝塚出土土器の位置づけ / 宮本一夫
第6章 遼東半島先史時代の土器製作技術 ―上馬石貝塚を中心として― / 三阪一徳
第7章 遼東半島先史時代における磨製石器の変遷 / 森 貴教
第8章 上馬石遺跡の石器・骨角器の製作痕・使用痕観察 / 上條信彦
第9章 上馬石貝塚出土土器圧痕調査の成果 / 小畑弘己
第10章 上馬石貝塚の籾圧痕について / 李 作婷
第11章 上馬石貝塚からみた遼東半島先史時代 / 宮本一夫
附 篇 上馬石貝塚の動物遺残 / 長谷部言人
図 版 / 参考文献 / 要 旨

関連書

『弥生時代の青銅器生産体制』田尻義了 著
『中国初期青銅器文化の研究』宮本一夫・白雲翔 編


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。