大学出版部協会

 

 ブラック・ディアスポラが父祖の地に向けてきたまなざしブラジル黒人運動とアフリカ

ブラジル黒人運動とアフリカ ブラック・ディアスポラが父祖の地に向けてきたまなざし

A5判 266ページ 上製
定価:5,000円+税
ISBN978-4-7664-2596-3 C3036
奥付の初版発行年月:2019年06月 / 発売日:2019年06月中旬

内容紹介

▼アフリカをめぐる「黒人大国」のジレンマ

▼米州最大の黒人人口を擁するブラジル。
黒人たちは逆境との闘いのなかで父祖の地アフリカをどう位置づけてきたのか?

▼アフリカに活路や着想を求める肯定的姿勢と、
敬遠し封印しようとする否定的態度との交錯は、
時代の移り変わりのみならず、ブラジル固有の状況の反映でもあった。

19世紀~1970年代のブラジルで黒人がみせてきた行動・言論・思想の断面から、
「黒人大国」の抱えるジレンマを読み解く意欲作。

著者プロフィール

矢澤 達宏(ヤザワ タツヒロ)

1967年生まれ。上智大学外国語学部ポルトガル語学科教授。
慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学。
博士(法学、慶應義塾大学)。
主要著作:『国際学入門』(共編著、創文社、2004)、『世界の中のアフリカ―国家建設の歩みと国際社会』(共編著、上智大学出版、2013)、『利益誘導政治―国際比較とメカニズム』(共著、芦書房、2004)、『二〇世紀〈アフリカ〉の個体形成―南北アメリカ・カリブ・アフリカからの問い』(共著、平凡社、2011)、『ポルトガル語圏世界への50のとびら』(共著、上智大学出版、2015)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 ブラック・ディアスポラ研究とブラジル
 
第一章 一九世紀におけるブラジル黒人のアフリカ「帰還」
――「帰郷か、解放か」をこえて
 
第二章 二〇世紀前半のサンパウロにおける黒人運動の性格と動態
 
第三章 二〇世紀前半の黒人新聞のなかのアフリカとブラック・ディアスポラ
――「アフリカ性」の忌避
 
第四章 二〇世紀前半の黒人新聞の言説にみる人種とネイション
――混血のブラジル人への執着
 
第五章 ブラック・アトランティックのなかのブラジル
――アブディアス・ド・ナシメントの思想(一九六〇-七〇年代)におけるアフリカ志向とその背景
 
終章 父祖の地をめぐって交錯する思惑

付録 20世紀前半のサンパウロにおける黒人新聞紙面資料
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。