大学出版部協会

 

 科学と政治をつなぐ9つの視点エイズは終わっていない

エイズは終わっていない 科学と政治をつなぐ9つの視点

四六判 256ページ 上製
定価:2,700円+税
ISBN978-4-7664-2541-3 C0036
奥付の初版発行年月:2019年02月 / 発売日:2019年02月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼元UNAIDS事務局長による、エイズ終結への道筋を語る講義録。
▼科学と政治は、グローバルな課題であるエイズにどう対処すべきか。

いまも毎日約5,000人がHIV に感染し、約3,000人が死亡しているエイズ。その終結に向けて、科学と政治はどう関わり、どう向き合うべきなのか。流行初期からエイズ問題と対峙してきた、科学者・臨床医・元UNAIDS 事務局長でもある著者が、パリのコレージュ・ド・フランスで行った講義録の邦訳。

著者プロフィール

ピーター・ピオット(ピーター ピオット)

ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院学長、元国連合同エイズ計画(UNAIDS)事務局長。
1949年ベルギー生まれ。1976年、ヘント大学でM. D. 医学博士、1980年にアントワープ大学でPh.D(微生物学)取得。アントワープ熱帯医学研究所の微生物免疫学教授等を経て、1995年から2008年まで国連合同エイズ計画(UNAIDS)初代事務局長。2010年から現職。常に活動の拠点をアフリカに置き、エボラ出血熱、HIV/エイズをはじめとするアフリカ大陸の感染症に関する研究を行う。またUNAIDS事務局長としてHIVの世界的流行に対する国際的関心を惹起し、地球規模での対策を実現させるうえで中心的役割を担った。2013年、アフリカでの医学研究・医療活動の分野において顕著な功績を挙げた者に贈られる「野口英世アフリカ賞」(第2回)を受賞。著書にNo Time to Lose: A Life in Pursuit of Deadly Viruses. W.W. Norton & Company, 2012(邦訳『ノー・タイム・トゥ・ルーズ――エボラとエイズと国際政治』慶應義塾大学出版会、2015年)ほか。

宮田 一雄(ミヤタ カズオ)

元産経新聞特別記者。

樽井 正義(タルイ マサヨシ)

慶應義塾大学名誉教授。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 日本語版への序文

序 章

第一章 変化し続ける複合的流行
第二章 アフリカ南部の高度地域流行(ハイパーエンデミック)
第三章 国際政治課題としてのエイズ
第四章 国境を越えた新たな市民社会の運動
第五章 治療を受ける権利
第六章 コンビネーション予防
第七章 エイズの経済学
第八章 人権の重要性
第九章 長期的な展望

 訳者あとがき
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。