大学出版部協会

 

 外国文学へのまなざし 共鳴する孤独漱石の書斎

漱石の書斎 外国文学へのまなざし 共鳴する孤独

四六判 304ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-2490-4 C0095
奥付の初版発行年月:2017年12月 / 発売日:2017年12月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

漱石はいかにして外国文学を読み、
傑作をうみだしていったのか?

▼漱石作品のなかには、謎の外国語、そして外国作品の引用句がちりばめられている。本書では、遺された蔵書をたんねんに調べ上げることで、それらの出所を突き止め、漱石がどのように外国語の本を読み、作品のなかに取り込んでいったのかを明らかにする。
▼とりわけ、ピーコック、ブラウニング、シェンキェヴィチ、ウィリアム・シャープなどの典拠を手がかりに漱石作品を読み解き、〈東洋と西洋〉、〈影響と受容〉という二項対立を超えた、その〈現代性〉――近代人の絶望的な〈孤独〉の所以――をさぐりあてていく。

著者プロフィール

飛ヶ谷 美穂子(ヒガヤ ミホコ)

札幌市生まれ。近代文学研究者。日本比較文学会理事。
慶應義塾大学文学部文学科国文学専攻卒業。同大学院文学研究科修士課程修了。著書に『漱石の源泉 創造への階梯』(慶應義塾大学出版会、2002年)、共著に『夏目漱石における東と西』(思文閣出版、2007年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第一章 漱石文庫をたずねて――蔵書は語る
 Ⅰ 「漱石山房」から「漱石文庫」へ
 Ⅱ 「漱石文庫」と「狩野文庫」
 Ⅲ 漱石の愛蔵書

第二章 英学から英文学へ――漱石の修業時代
 Ⅰ 六ペンス叢書の伝説
 Ⅱ 英語との出会い
 Ⅲ 漢学塾から英学塾へ
 Ⅳ 英文学への道

第三章 奇人たちの饗宴
――『吾輩は猫である』とピーコックの〈談話小説〉
 Ⅰ 〈写生文〉から〈長篇小説〉へ――『猫』の変容
 Ⅱ ピーコックと漱石
 Ⅲ 〈談話小説〉(ノベル・オブ・トーク)
 Ⅳ 『クロチェット城』
 Ⅴ ピーコックの周辺

第四章 ロンドンの異邦人たち――漱石・カーライル・シャープ
 Ⅰ 「カーライル博物館」の材源
 Ⅱ 『文学地誌』とウィリアム・シャープ
 Ⅲ 異邦人たち

第五章 江藤淳『漱石とアーサー王伝説』の虚構と真実
――死者を愛し続ける男の物語
 Ⅰ 〈学術論文〉という〈暗号〉
 Ⅱ 「言葉の世界」と「不在の世界」
 Ⅲ 〈物語〉の完成

第六章 『三四郎』とブラウニング
――「ストレイシープ」と「ダーターフアブラ」をめぐって
 Ⅰ 「ストレイシープ」の出典
 Ⅱ 漱石のブラウニング体験
 Ⅲ 「炉辺にて」と「ストレイシープ」
 Ⅳ 「騎馬像と胸像」と「ダーターフアブラ」
 Ⅴ 引用と象徴

第七章 《趣味の審判者》(アービター・エレガンシアルム)の系譜
――ペトロニウスから代助まで
 Ⅰ 「arbiter elegantiarum」(アービター・エレガンシアルム)の出
   典
 Ⅱ 『ドリアン・グレイの肖像』――世紀末の耽美家
 Ⅲ 『グリル・グレッジ』――恋におちた快楽主義者(エピキユリア
   ン)
 Ⅳ 『クオ・ヴァディス』――影響の種々相

第八章 『行人』とヴァルター・カレ――共鳴する孤独
 Ⅰ 『行人』の「独逸(ドイツ)の諺(ことわざ)」
 Ⅱ ヴァルター・カレ
 Ⅲ 詩句の用例と異同
 Ⅳ カレからケーラー、そして漱石へ
 Ⅴ 共鳴する〈孤独〉

あとがき
参考文献
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。