大学出版部協会

 

 戦後農政の帰結と国際化への針路日本農業の生産構造と生産性

日本農業の生産構造と生産性 戦後農政の帰結と国際化への針路

A5判 584ページ 上製
定価:9,000円+税
ISBN978-4-7664-2448-5 C3033
奥付の初版発行年月:2017年10月 / 発売日:2017年10月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼戦後40年にわたる日本農業の発展と停滞を描き、その要因を計量分析手法で包括的に分析した記念碑的著作。
グローバル競争時代における日本農業の再生に向け、「創意あふれる大規模農企業」育成への条件は整いつつある。
問題は、理論と実証に基づく合理的・効果的な政策形成と自由で効率的な農地・農産物市場の創出である。

▼TPP 問題を含め、今後の農業政策論議の基盤となる研究。

著者プロフィール

黒田 誼(クロダ ヨシミ)

筑波大学名誉教授
1966年愛媛大学文理学部卒業,68年九州大学大学院農学研究科修士課程修了,70年同博士課程中途退学,75年スタンフォード大学大学院博士課程(食糧経済学専攻)修了,Ph.D. in Applied Economics(応用経済学博士,スタンフォード大学)。1975~76年国連糧農業機関(FAO) 計量経済分析研究員,76~77年全米経済研究所(NBER)リサーチフェロー,78年1~2月スタンフォード大学フ-バー研究所リサーチフェロー,78年3月筑波大学社会工学系講師,87年同助教授,95年同教授,2006年定年退職(この間,1989~90年フルブライト奨学金によるスタンフォード大学客員研究員,1999~2001年筑波大学社会工学類長,2001〜2003 年筑波大学留学生センター長),2006年九州産業大学経営学部教授,2010年国際東アジア研究センター(2014年よりアジア成長研究所)客員研究員を兼務(ともに2013年退任)。また,日本農業経済学会理事,同学会機関紙編集長などを歴任。
主要業績に,『米作農業の政策効果分析』慶應義塾大学出版会,2015年(同書英訳 Rice Production Structure and Policy Effects in Japan: Quantitative Investigations, Palgrave Macmillan, 2016),“Impacts of Set-Aside and R&E Policies on Agricultural Productivity in Japan, 1965-97,” Japanese Journal of Rural Economics, Vol. 5, with Abdullah, N., 2003 ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

本書の刊行に寄せて
はしがき

序章
 1 本研究の動機
  1.1 簡潔な歴史的背景
  1.2 分析方法の簡潔なサーベイ
 2 使用される主要なデータ資料および実証的推計の期間
 3 本書の概観

  第Ⅰ部 総費用関数による日本農業の生産構造分析

第1章 戦後日本農業の生産構造の実証分析
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 通常型多財トランスログ総費用(TC)関数モデル
  2.2 Stevenson-Greene(S-G)型多財トランスログ総費用(TC)
  関数モデル
 3 データおよび推計方法
 4 実証結果
  4.1 12本の帰無仮説の検定結果
  4.2 通常型およびS-G型多財トランスログ総費用(TC)関数に基づ
  く推計結果のいくつかの比較
 5 要約と結論
 付録 A.1 変数の定義

第2章 アレン,森嶋, マクファデン(シャドゥ)の代替の弾力性の推計
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 アレン,森嶋,およびマクファデン(シャドゥ)の代替の弾力
  性(AES,MES,およびSES)
 3 実証結果
  3.1  S-G型多財トランスログ総費用(TC)関数の推計値
  3.2 投入要素に関する自己価格需要弾力性の推計値
  3.3  AES,MES,およびSESの推計値
 4 要約と結論

第3章 戦後日本農業における「デュアル」および「プライマル」技術変化率
 1 序
  1.1 問題の設定および目的
  1.2 基礎データの観察
 2 分析の枠組み
  2.1 「デュアル」(「投入要素-節約的」)および「プライマル」
  (「生産物-増大的」)技術変化率(PGX およびPGY
  2.2 投入要素価格および生産物構成の変化がPGX に及ぼす効果
 3 実証結果
  3.1 「デュアル」の技術変化率(PGX )の推計
  3.2 投入要素価格変化のPGX への効果
  3.3 生産物構成の変化のPGX への効果
 4 要約と結論

第4章 投入要素バイアス効果とヒックス「誘発的技術革新」仮説
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 技術変化バイアス効果に関する過去の実証研究の簡潔なサーベ
  イ
  2.2 投入要素空間における技術変化バイアス効果の推計
  2.3 技術変化のバイアスとヒックスの「誘発的技術革新」仮説
 3 実証結果
  3.1 投入要素の「純」,「規模」,および「総」バイアス効果
  3.2 観測された投入要素費用-総費用比率と「修正された」投入要
  素費用-総費用比率
  3.3 観測された投入要素費用-総費用比率と累積投入要素バイアス
  効果の各年変化
  3.4 投入要素バイアスとヒックス「誘発的技術革新」仮説
 4 要約と結論

第5章 技術変化の生産物バイアス
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 生産物空間におけるヒックス技術変化バイアス
  2.2 投入要素の需要および代替の弾力性
  2.3 生産物構成変動の投入要素バイアスへの効果
 3 実証結果
  3.1 技術変化の生産物バイアス効果
  3.2 投入要素に関する生産物数量の需要弾力性
  3.3 生産物構成変動の投入要素バイアスへの効果
 4 要約と結論

第6章 全要素生産性成長に及ぼす規模の経済性および技術変化の効果
 1 序
 2 総生産(TO),総投入(TI),および全要素生産性(TFP)
 3 分析の枠組み
  3.1 全要素生産性(TFP)および生産の理論
  3.2 「デュアル」の技術変化率と費用弾力性
 4 実証結果
  4.1  S-G型多財トランスログTC関数のパラメータ推計値
  4.2 TFP成長率の要因分解分析
 5 要約と結論

第7章 労働生産性成長率の要因分解分析に対する新手法による試み
 1 序
 2 背景データの観察
 3 分析の枠組み
  3.1  S-G型単一財トランスログTC関数アプローチ
  3.2 労働生産性成長率の諸貢献要因への分解分析
 4 データおよび推計方法
 5 実証結果
  5.1  S-G型単一財トランスログTC関数の推計
  5.2 3本の帰無仮説の検定結果
  5.3 投入要素需要の自己および交叉価格弾力性
  5.4 技術変化の投入要素バイアス
  5.5 労働生産性成長率変化の要因分解分析
 6 要約と結論
 付録A.7 変数の定義

  第Ⅱ部 可変費用関数による日本農業の生産構造分析

第8章 生産構造の分析に対する総費用関数アプローチと可変費用関数アプローチ
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 総費用(TC)関数によるアプローチ
  2.2 可変費用(VC)関数によるアプローチ
 3 データおよび推計方法
 4 実証結果
  4.1 総費用(TC)および可変費用(VC)関数モデルの推計結果
  4.2 総費用(TC)関数モデルの妥当性のインフォーマルな検定
  4.3 9本の帰無仮説の検定結果
  4.4 TC関数およびVC関数モデルに基づく一部の推計結果の比較
 5 要約と結論

第9章 土地のシャドゥ価格の推計と土地移動の可能性
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 土地のシャドゥ価格(PSB ),規模の経済性(RTS ),および
  投入要素-「節約的」技術変化率(PGX )と生産物-「増大的」技
  術変化率(PGY
  2.2 土地移動可能性の基準
  2.3 諸外生変数変化の土地シャドウ価格(PSB )に及ぼす効果
 3 データおよび推計方法
 4 実証結果
  4.1 土地シャドウ価格(PSB )の推計結果:1957-97年
  4.2 現行と「最適」の土地費用-総費用比率の推計および土地の
  「最適」生産弾力性の推計
  4.3 小規模農家から大規模農家への土地移動の可能性
  4.4 緩慢な土地移動の要因
  4.5 各種農業政策の土地シャドウ価格(PSB )への効果
 5 要約と結論

第10章 規模の経済性と構造変化
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 作物および畜産物の結合生産における規模の経済性(RTS )の
  推計
  2.2 規模の経済性(RTS )に対する農業諸政策の効果
 3 データおよび推計方法
 4 実証結果
  4.1 可変費用(VC)関数モデルに基づく規模の経済性および範囲の
  経済性の推計
  4.2 規模の経済性(RTS )に対する農業諸政策の効果
 5 要約と結論

  第Ⅲ部 戦後日本農業における諸政策効果の分析

第11章 戦後日本農業における生産物価格支持政策の効果
――可変利潤(VP) 関数による接近
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 可変利潤(VP) 関数モデル
  2.2 生産技術構造の帰無仮説の検定
  2.3 生産物供給および可変投入要素需要の価格弾力性の推計
  2.4 規模の経済性(RTS )の推計
  2.5 土地のシャドウ名目価格(wS'B )の推計
  2.6 生産物価格変化の生産物供給量,可変投入要素需要量,名目可
  変利潤(VP′) ,規模の経済性(RTS ),および土地のシャドウ名
  目価格(wS'B )に対する効果
 3 データおよび推計方法
 4 実証結果
  4.1 可変利潤(VP)関数のパラメータ推計結果
  4.2 帰無仮説の検定結果
  4.3 生産物供給弾力性および可変投入要素需要弾力性の推計
  4.4 生産物価格支持政策の効果の定量的評価
 5 要約と結論
 付録 A.11 変数の定義

第12章 減反政策と土地移動
――可変利潤(VP) 関数モデルによるアプローチ
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 土地投入要素(ZB )の変化が5個の経済指標に及ぼす効果
 3 実証結果
  3.1 減反政策の効果
 4 要約と結論

第13章 公的農業R&E政策と構造変化
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 公的農業技術知識資本ストック(ZR )の5個の経済指標に及ぼ
  す効果
 3 実証結果
  3.1 可変利潤(VP)関数のパラメータ推計結果
  3.2 公的農業技術知識資本ストック(ZR )変化の5個の経済指標に
  及ぼす効果
 4 要約と結論

第14章 投入要素補助金政策が農業構造変化に及ぼす効果
 1 序
 2 分析の枠組み
  2.1 可変投入要素価格変化が5個の経済指標に及ぼす効果
 3 実証結果
  3.1 可変利潤(VP)関数のパラメータ推計結果
  3.2 可変投入要素名目価格(wk' )変化が5個の経済指標に及ぼす効果
 4 要約と結論

第15 章 要約と結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。