大学出版部協会

 

 「新常態」への政治と経済の揺らぎ中成長を模索する中国

慶應義塾大学東アジア研究所叢書
中成長を模索する中国 「新常態」への政治と経済の揺らぎ

大西 広:編著
A5判 200ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7664-2342-6 C3333
奥付の初版発行年月:2016年05月 / 発売日:2016年05月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼習近平改革の狙いとゆくえを読み解く。

安定した「中成長国」に向けて根本的な社会構造の転換を迫られ、模索を続ける中国。
歴史的発展過程の中で習近平改革を捉え直し、独自の調査と分析手法で2030年代の中国経済を見通しつつ、その意図と意義を明らかにする。

著者プロフィール

大西 広(オオニシ ヒロシ)

慶應義塾大学経済学部教授
1985年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。経済学博士。立命館大学助教授、京都大学経済学部助教授、同教授を経て現職。京都大学名誉教授。World Association for Political Economy副会長、北東アジア学会会長。
主な著書に、『資本主義以前の「社会主義」と資本主義後の社会主義』(大月書店、1992年)、『中国の少数民族問題と経済格差』(編著、京都大学学術出版会、2012年)、『マルクス経済学(第2版)』(慶應義塾大学出版会、2015年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

【編著者】
大西  広(おおにし ひろし)
慶應義塾大学経済学部教授
1985年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。経済学博士。立命館大学助教授、京都大学経済学部助教授、同教授を経て現職。京都大学名誉教授。World Association for Political Economy副会長、北東アジア学会会長。

【執筆者】(掲載順)
瀬戸  宏(せと ひろし)
摂南大学外国語学部教授
1982年早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。長崎総合科学大学工学部専任講師などを経て現職。日本現代中国学会理事、社会主義理論学会委員。
主な著書に、『中国の同時代演劇』(好文出版、1991年)、『中国演劇の二十世紀 中国話劇史概況』(東方書店、1999年)、『中国話劇成立史研究』(東方書店、2005年、2006年度日本演劇学会河竹賞授賞)、『中国話劇成立史研究』(中国語版、陳凌虹訳、厦門大学出版社、2015年)、『中国のシェイクスピア』(松本工房、2016年)など。

徐 一睿(じょ いちえい)
専修大学経済学部准教授
2009年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。慶應義塾大学経済学部助教、嘉悦大学経営経済学部専任講師などを経て現職。
主な著書に、『中国の財政調整制度の新展開 ―― 「調和の取れた社会」に向けて』(日本僑報社、2010年、第8回華人学術賞・第11回日本地方財政学会佐藤賞受賞)、『中国の経済成長と土地・債務問題 ―― 政府間財政システムによる「競争」と「調整」』(慶應義塾大学出版会、2014年)、訳書に、于建嶸『移行期における中国郷村政治構造の変遷』(日本僑報社、2012年)など。

澤田 英司(さわだ えいじ)
九州産業大学経済学部講師
2010年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。慶應義塾大学経済学部助教、早稲田大学理工学研究所招聘研究員などを経て現職。
主な著書に、The Economics of Waste Management in East Asia (共著)(Routledge, 2016)、『資源を未来につなぐ(シリーズ 環境政策の新地平 第5巻)』(共著、岩波書店、2015年)など。

房 建(ぼう けん)
南京安生外国語専修学校経済学講師
2014年慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了。修士(経済学)。

駒形 哲哉(こまがた てつや)
慶應義塾大学経済学部教授
1997年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。博士(経済学)。1989~90年南開大学(中国)留学。財団法人霞山会職員、獨協大学経済学部専任講師、慶應義塾大学経済学部専任講師、准教授を経て現職。中国経済経営学会理事、日本中小企業学会理事。
主な著書に、『移行期中国の中小企業論』(税務経理協会、2005 年、平成17年度中小企業研究奨励賞経済部門本賞受賞)、『中国の自転車産業 ―― 「改革・開放」と経済発展』(慶應義塾大学出版会、2011 年、2012年度慶應義塾賞・第7回樫山純三賞受賞)、『中国産業論の帰納法的展開』(共編著、同友館、2014 年)など。

白石 麻保(しらいし まほ)
北九州市立大学外国語学部教授
2004年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。姫路獨協大学講師、北九州市立大学外国語学部准教授などを経て現職。
主な著書に、『中国経済の数量分析』(共著、世界思想社、2003年)、『中国農家の公正と効率』(共著、多賀出版、2005年)、『躍動する中国と回復するロシア ―― 体制転換の実像と理論を探る』(共著、高菅出版、2005年)など。

矢野 剛(やの ごう)
京都大学大学院経済学研究科准教授
2001年京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。徳島大学総合科学部専任講師、准教授を経て現職。
主な著書に、『中国経済の数量分析』(共編、世界思想社、2003年)、『中国農家の公正と効率』(共著、多賀出版、2005年)、『中国の企業間信用 ―― 経済発展とオルタナティブ金融』(京都大学学術出版会、2015年)など。

目次

序章 高成長から中成長への移行に伴う中国の模索(大西 広)
 1 薄熙来と習近平
 2 政治の揺らぎの背景にある経済の揺らぎ
 3 予想を超えて進行するかもしれない「中成長化」の試練
 4 「国家資本主義」か「私的資本主義」か

 第Ⅰ部 胡錦濤から習近平への中国政治の揺らぎ

第1章 薄煕来の「重慶モデル」とその失脚をどう評価するか(瀬戸 宏)
 1 はじめに
 2 薄煕来の経歴
 3 重慶モデル出現の背景と基本内容
 4 重慶モデルの特徴Ⅰ ―― 民衆生活重視
 5 重慶モデルの特徴Ⅱ ―― “唱紅”と“打黒”
 6 重慶モデルと薄煕来評価
 7 薄煕来が失脚しても否定できない重慶モデルの内容
 8 薄煕来事件、重慶モデルは何を示したか

第2章 地方統制
―― 政治選抜トーナメント方式について(徐 一睿・澤田英司)
 1 はじめに
 2 財政改革と地方統制の変化
 3 アクセルとブレーキの役割を果たす二元的統制
 4 政治選抜トーナメント方式の限界と一票否決の導入
 5 おわりに

第3章 地方財政の土地開発利益依存と脱却への模索(徐 一睿)
 1 はじめに
 2 土地使用権譲渡に依存した地方財政システム
 3 土地使用権譲渡収入による都市間地方政府収入格差の実態
 4 脱土地依存への模索
 5 おわりに

 第Ⅱ部 高成長から中成長への中国経済の模索

第4章 企業内賃金格差の是正が課題となる時代へ
―― 労働者の賃金観の変化に関するいくつかの調査結果(大西 広・
房 建)
 1 はじめに
 2 労働争議件数の増加と労使関係の変容
 3 賃金水準は企業業績に影響する
 4 過大な賃金格差は企業業績を悪化させる
 5 賃金格差は労働意欲を減退させる
 6 おわりに

第5章 中国「社会主義市場経済」の性格と構造
―― 工作機械産業における競争的国有企業の役割に注目して
(駒形哲哉)
 1 はじめに
 2 国家資本主義と社会主義市場経済
  2.1 改革開放から社会主義市場経済へ
  2.2 中国の「国のかたち」
  2.3 社会主義市場経済の持続性
 3 社会主義市場経済における国有工作機械産業の役割
  3.1 制度改革と工作機械産業
  3.2 中国の工作機械産業の展開
  3.3 藩陽機床集団の例
 4 おわりに――「社会主義市場経済」の模索と競争的国有企業の行方

第6章 投資依存型経済からの脱却と「中所得国の罠」
―― 2部門最適成長モデルによる分析と予測(大西 広)
 1 はじめに
 2 マルクス派最適成長モデルの基本構造
 3 モデルの推計について
 4 減価償却率と時間選好率の計算について
 5 定常状態の予測
 6 中国経済のゼロ成長化は何年先か

第7章 BRICsが模索する新しい国際秩序(大西 広)
 1 はじめに
 2 人口規模の経済メリット
 3 新興経済大国の台頭としてのAIIB開設の衝撃
 4 国際的経済力の拡大は国際的政治力の拡大を導く
 5 “国際政治の揺らぎ”はまだまだ続く

補論 中国計画経済システム下での企業行動の特徴
―― 分権的意思決定に関する実証分析(大西 広・白石麻保・矢野 剛)
 1 はじめに
 2 分析枠組
 3 推定方法および推定結果
 4 結論

索 引
執筆者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。