大学出版部協会

 

 拡大と収縮の七〇年秩序変動と日本外交

慶應義塾大学東アジア研究所叢書
秩序変動と日本外交 拡大と収縮の七〇年

A5判 276ページ 上製
定価:4,300円+税
ISBN978-4-7664-2315-0 C3331
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 発売日:2016年03月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

国際秩序が大きく動くなかで、「九条」と「日米安保」という異なる時代環境の産物を抱え続ける日本外交。
「拡大」と「収縮」の誘因がせめぎ合う日本外交の七〇年を振り返り、安保政策の拡大に踏み出した今後を考えるための視座を提供する、注目の一冊。

著者プロフィール

添谷 芳秀(ソエヤ ヨシヒデ)

慶應義塾大学法学部教授。1955年生まれ。上智大学大学院国際関係論専攻博士前期課程修了、ミシガン大学大学院政治学専攻博士課程修了。Ph.D.(国際政治学)。外務省政策評価アドヴァイザリーグループ・メンバー(2003-2013年)ほか。主要著作:『日本外交と中国 1945~1972』(慶應通信、1995年)、 Japan's Economic Diplomacy with China, 1945-1978 (Clarendon Press, 1998)、『日本の「ミドルパワー」外交―戦後日本の選択と構想』(ちくま新書、2005年)、『日中関係史』(共著、有斐閣、2013年)、『「普通」の国 日本』 (共編著、千倉書房, 2014年)、『米中の狭間を生きる (韓国知識人との対話II)』(慶應義塾大学出版会、2015年)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

(※掲載順)
【編著者】
添谷 芳秀(そえや よしひで / Yoshihide Soeya)
慶應義塾大学法学部教授。

【執筆者】
植田 麻記子(うえだ まきこ / Makiko Ueda) ハーバード大学ライシャワー研究所リサーチ・アシスタント
吉田 真吾(よしだ しんご / Shingo Yoshida) 名古屋商科大学コミュニケーション学部専任講師
鈴木 宏尚(すずき ひろなお / Hironao Suzuki) 静岡大学人文社会科学部准教授
手賀 裕輔(てが ゆうすけ / Yusuke Tega) 二松学舎大学国際政治経済学部専任講師
昇 亜美子(のぼり あみこ / Amiko Nobori) 政策研究大学院大学客員研究員
黄 洗姫(ふぁん せひ / Hwang Sehee) (韓国)財団法人與時齋 (ヨンゼ)持続可能性チーム研究委員
石原 雄介(いしはら ゆうすけ / Yusuke Ishihara) 防衛省防衛研究所政策研究部研究員
佐竹 知彦(さたけ ともひこ / Tomohiko Satake) 防衛省防衛研究所政策研究部主任研究官

目次

 第一部 総 論

第一章 中庸としての「九条・安保体制」(添谷 芳秀)
 
第二章 戦後論壇における日本外交論 ―― 敗戦直後から冷戦終結まで(植田麻記子)


 第二部 冷戦期の東アジアと日本

第三章 安保条約の起源
―― 日本政府の構想と選択、一九四五 ― 一九五一年(吉田 真吾)
 
第四章 池田政権の対共産圏外交 ―― ソ連・中国と「非冷戦化」の模索(鈴木 宏尚)

第五章 ベトナム戦争終結期の米国の東南アジア秩序構想
―― 一九六九 ― 一九七五年(手賀 裕輔)

第六章 ポスト・べトナム期の東南アジア秩序と日本外交
―― 一九六九 ― 一九八〇年(昇 亜美子)


 第三部 冷戦後の新展開

第七章 冷戦後東アジアの秩序変動と日本外交
―― パワー・トランジション研究から見る対立の構図と展望
(黄 洗姫)

第八章 冷戦後日豪関係の発展と中国
―― 「チャイナ・ギャップ」と「チャイナ・コンセンサス」の間で
(石原 雄介)

第九章 日米同盟の「グローバル化」とそのゆくえ(佐竹 知彦)

あとがき
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。