大学出版部協会

 

ジャーナリズムは甦るか

ジャーナリズムは甦るか

四六判 176ページ 並製
定価:1,200円+税
ISBN978-4-7664-2199-6 C0030
奥付の初版発行年月:2015年03月 / 発売日:2015年03月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼日本のジャーナリズムの問題点を徹底討論!

▼二極化する報道、原発報道から歴史認識問題まで、いま岐路に立つメディア・報道の現状と将来を考える。

▼日本のジャーナリズムは何が問題なのか?  原発報道から歴史認識問題まで、メディア、ジャーナリズムの現状と将来を考える注目の書。

▼第一部では、「朝日新聞(誤報)問題」を中心に、二極化する報道、政治とマスメディアとの距離、「国益」とジャーナリズム、などをめぐる池上・大石氏の対論を掲載。

▼第二部では、憲法学、政治学、マスコミュニケーション学の第一人者による、原発報道、国内政治とジャーナリズム、ITとメディアなどをめぐる討論を通じて、日本のジャーナリズムのあり方の是非とメディアの将来を問う。

著者プロフィール

池上 彰(イケガミ アキラ)

ジャーナリスト、東京工業大学教授。
1950年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、NHK記者・キャスターを経て、現職。主要著作:『そうだったのか! 現代史』(集英社文庫、2007)、『学校では教えない「社会人のための現代史」』(文藝春秋、2013)、『世界を変えた10冊の本』(同、2014)、ほか多数。

大石 裕(オオイシ ユタカ)

慶應義塾大学法学部教授、同法学部長。
1956年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。ジャーナリズム論、政治コミュニケーション論。主要著作:『政治コミュニケーション―理論と分析』(勁草書房、1998)、『ジャーナリズムとメディア言説』(同、2005)、『コミュニケーション研究―社会の中のメディア 第3版』(慶應義塾大学出版会、2011)、『メディアの中の政治』(勁草書房、2014)、ほか。

片山 杜秀(カタヤマ モリヒデ)

慶應義塾大学法学部教授。
1963年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。近代日本思想史。
主要著作:『近代日本の右翼思想』(講談社、2007)、『音盤考現学』(アルテス・パブリッシング、2008)、『未完のファシズム―「持たざる国」日本の運命』(新潮社、2012)、ほか。

駒村 圭吾(コマムラ ケイゴ)

慶應義塾大学法学部教授、慶應義塾常任理事。
1960年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。憲法、言論法。
主要著作 『ジャーナリズムの法理―表現の自由の公共的使用』(嵯峨野書院、2001)、『表現の自由Ⅰ―状況へ』・『表現の自由Ⅱ―状況から』(共編著、尚学社、2011)、『3.11で考える日本社会と国家の現在』(共編著、日本評論社、2012)、ほか。

山腰 修三(ヤマコシ シュウゾウ)

慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所准教授。
1978年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学、博士(法学)。ジャーナリズム論、政治社会学。
主要著作:『コミュニケーションの政治社会学―メディア言説・ヘゲモニー・民主主義』(ミネルヴァ書房、2012)、『戦後日本のメディアと市民意識―「大きな物語」の変容』(共著、ミネルヴァ書房、2012)、「原子力政策報道とジャーナリズム」」『大震災・原発とメディアの役割』(編著、新聞通信調査会、2013)、ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。

池上 彰(いけがみ あきら)
ジャーナリスト、東京工業大学教授。

大石 裕(おおいし ゆたか)
慶應義塾大学法学部教授。同法学部長。

片山 杜秀(かたやま もりひで)
慶應義塾大学法学部教授。

駒村 圭吾(こまむら けいご)
慶應義塾大学法学部教授、慶應義塾常任理事。

山腰 修三(やまこし しゅうぞう)
慶應義塾大学メディアコミュニケーション研究所准教授。

目次

Ⅰ 今、日本のジャーナリズムを考える
池上 彰 × 大石 裕
  1 「誤報」はなぜ起きるのか?
 強いスクープ志向 / 記者の専門性 / 「吉田調書」をめぐって
  2 ジャーナリズム論とジャーナリズムの「現場」との乖離
 新聞の偏向という問題 / 誤報と原発再稼働 / 裏付け取材の重要性
  3 メディアのフォーラム機能の意義と限界
 「新聞ななめ読み」掲載拒否について / 異論・反論に対する寛容さ /
 新聞は明確な主張を行うべきか
  4 拡大する「朝日批判」、「リベラル」派世論の今後
 歴史認識と言論の自由 / 複数の国益観 / 世論調査の客観性
  5 吉田証言批判の問題性
 誤報批判と歴史認識批判 / ジャーナリズムと政治 / メディアと民主
 主義
  6 ジャーナリズムの国籍
  7 ジャーナリズム不信とジャーナリスト教育
 ネット時代のジャーナリズム批判 / ジャーナリストの資質 / 記者会
 見という儀式
  8 ジャーナリストをめざす皆さんへ

Ⅱ ジャーナリズムを見る視角
片山杜秀 × 駒村圭吾 × 山腰修三 × 大石 裕
  9 原発報道とジャーナリズム
 戦後日本社会と原発報道 / 政策の「当事者」としてのジャーナリズ
 ム / 分極化する世論と言論 / メディアの公共性 / 世論調査の不思
 議 / 「吉田調書」誤報の問題
  10 歴史問題とジャーナリズム
 ジャーナリズムと歴史認識 / 「吉田調書」誤報の問題 / 歴史認識と
 物語 / 語られ、「構築」される歴史
  11 言論・表現の自由と「国益」
 言論・表現の自由とは何か / ジャーナリズムと国益 / 検証報道と調
 査報道 / 複雑化した社会の中のジャーナリズム / ジャーナリズムの
 批判機能の限界 / 立ちすくむ日本社会 / 社会の縮図としてのジャー
 ナリズム
  12 国内政治とジャーナリズム
 変貌する政治と有権者 / 「保守派」対「リベラル派」という構図
  13 ジャーナリズムの未来

 おわりに  大石 裕


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。