大学出版部協会

 

「移民国家ドイツ」の難民庇護政策

「移民国家ドイツ」の難民庇護政策

A5判 264ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-7664-2166-8 C3036
奥付の初版発行年月:2014年10月 / 発売日:2014年10月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

ドイツにおける難民政策の変遷を分析。

移民国家としての歩を進めることで、ドイツの移民政策・難民保護はどのように変化していったのか? 市民社会の庇護、国家レベルの政策、EUレベルの共通移民政策を検討することで明らかにするとともに、移民の権利保護が拡大する一方で、強化された難民・非正規移民の管理・取り締まりの実態から、新たな包摂と排除を論ずる。

著者プロフィール

昔農 英明(セキノウ ヒデアキ)

1980年北海道生まれ。2011年慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(社会学)。専門は国際社会学。日本学術振興会特別研究員(PD)などを経て、現在、一橋大学などで非常勤講師。
主要業績として「セキュリティ対策としての移民統合 ―― 2000年代におけるドイツの事例」『社会学評論』65(1)、2014年など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

 第Ⅰ部 脱国家化・超国家化と再国家化の間で揺れ動く西欧諸国の移民
     政策
第1章 人の移動と国民国家の境界
 1 人権保護体制の確立と国家主権の衰退?
 2 研究方法と調査の概要
 3 移民国家と「非移民国家」 ―― 分析概念の整理
 4 ドイツ移民研究への2つの研究アプローチ

第2章 超国家化と再国家化の中での西欧諸国の移民政策
 1 はじめに
 2 移民政策の意図せざる帰結と移民への権利付与
 3 西欧諸国における移民政策の再編
 4 移民政策における超国家化と再国家化
 5 おわりに ―― 西欧諸国の移民政策にみられるジレンマ

 第Ⅱ部 「非移民国家」ドイツにおける難民庇護政策と教会アジール
第3章 「非移民国家」における難民庇護と制限の論理
 1 はじめに ―― 冷戦期における「寛大な」難民庇護
 2 「経済難民」の増加と「庇護の濫用」
 3 「非移民国家」における難民受け入れ制限
 4 基本法庇護権規定改正の妥協の成立
 5 おわりに

第4章 国家のアジールと教会のアジール
 1 はじめに
 2 アジール概念の歴史的な変遷
 3 現代における教会アジールのアウトライン
 4 教会アジールをめぐる国家と市民社会の対立・論争の構図
 5 おわりに

第5章 「監獄」に閉じ込められる難民
     ―― 脱国家・超国境の研究アプローチの再考
 1 はじめに
 2 教会アジールと市民社会
 3 「親しい間柄における監獄」
 4 再国家化と超国境の不自由な移動の促進
 5 おわりに

第6章 難民庇護の可視化と保護制度の「民主化」
 1 はじめに
 2 教区市民の教会アジール実施の動機
 3 国境管理領域の「民主化」へ
 4 対抗的公共圏としての教会アジールと国家の論理
 5 おわりに

 第Ⅲ部 移民国家ドイツにおける難民庇護
第7章 選別的な移民の受け入れと統合政策の構築
 1 はじめに
 2 選別的な移民受け入れ
 3 「世界に開かれた寛容な社会」という論理
 4 おわりに

第8章 「ヨーロッパの境界」にもとづく移民受け入れと排除の論理
 1 はじめに
 2 「望ましい移民」の受け入れ拡大
 3 EUにおける国家横断的な難民・非正規移民の管理・取り締まり政策
   ―― 難民・非正規移民像のステレオタイプの強化
 4 普遍主義をよそおった人種差別
 5 おわりに

第9章 ドイツへの残留と出身国送還の狭間におかれる難民
 1 はじめに
 2 事実上の難民に対する救済策
 3 自己統治能力を求められる難民
 4 超国家化と再国家化の中での教会アジール
 5 おわりに

第10章 脱国家化・超国家化と再国家化の間で揺れ動く難民庇護
 1 はじめに
 2 脱国家化・超国家化と再国家化の中での難民庇護
 3 難民の主体性の確立に向けて


あとがき
資料ならびに参考文献一覧
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。