大学出版部協会

 

ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか

ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか

四六判 304ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-2140-8 C0036
奥付の初版発行年月:2014年07月 / 発売日:2014年07月中旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

いまや誰もが「ディズニーランド」の住人である
「それなりに愉しく幸福な絶望」の日常に絡めとられた私たちに、
いかなる「生」が可能なのか?
才気溢れる筆致で描く、希望のメディア論


夢と魔法の王国、ディズニーランド――。
 いまや巨大複合商業施設にかぎらず、イメージと消費とが深く絡みあうポストモダンな情報消費社会には、日常のあらゆる営みに、ディズニーランド的な非日常性が演出され、浸透し、繁茂している。
 ディズニーランドのアトラクションがもたらすものは利便でもなければ、生産でもなく、「愉しさ」である。アトラクションへの搭乗は、遊戯機械というテクノロジーに触れ、同期し、協調的に運動をしながら、特定の目的へ向かうことなく戯れ、そのプロセス自体において「愉しさ」が立ちあらわれるような経験である。このような運動を、本書では〈テクノロジーの遊戯〉とよぶ。
 多様な欲望を無際限に喚起し、解放感や高揚感をもたらす一方で、「ここではないどこか」や「ありえたかもしれない別の様態」といった外部を想像する力を奪ってゆくテクノロジーが、社会の隅々にまで浸潤するいま、わたしたちには、いかなる生の形式が可能なのか。
 才気溢れる筆致で描く、希望のメディア論。

著者プロフィール

長谷川 一(ハセガワ ハジメ)

1966年、名古屋市生まれ。千葉大学大学院中退後、書籍編集者として働く。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環助手を経て、現在、明治学院大学文学部芸術学科教授。専門はメディア論、メディア思想、文化社会学。博士(学際情報学)。
おもな著書に、『アトラクションの日常――踊る機械と身体』(河出書房新社、2009年)、『出版と知のメディア論』(みすず書房、2003年、日本出版学会賞奨励賞)、『本は、これから』(共著、岩波新書、2010年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第1章 ディズニーランド化する社会
 1-1 「だって、愉しいから」
     なぜディズニーランドへゆくのか / ビジネス書的ディズニー
     言説 / 人文社会科学系の知におけるディズニーランド
 1-2 シミュラークルの楽園――消費社会論と文化記号論
     シミュラークルの完璧なモデル / 消費社会のディズニーラン
     ド / 東京ディズニーランド開園以降
 1-3 建築・都市のディズニーランド
     現代建築の「最高傑作」 / ディズニーランドのポストモダ
     ン / ショッピングモール

第2章 外部の不在、希望という外部
 2-1 外部の不在とディズニーランド化
     外部の不在、外部の流入 / ディズニーランドと「つながりの
     社会性」 / ディズニーの物語性をめぐって / 「浦安ブラン
     ド」とその3・11以後
 2-2 不可能性の時代
     内在しつつ「希望」を語ることの困難 / 不可能性の時代 /
     内在的批判可能性への四つの要件
 2-3 内在的に希望を語るために
     希望を語るための条件 / 極限的な地点としての「裸」の身
     体 / 参加と体験のディズニーランド / 映画としてのディズ
     ニーランド / 偶有性、愉しさ、実践 / 内在的批判可能性へ
     の戦略

第3章 社会変革の実践から日常の実践へ
 3-1 実践とその二つのベクトル
 3-2 実践という思想
     プラチックとプラクシス / テオーリアーとプラークシス――
     実践の由来 / 近代知批判としての実践
 3-3 批判的メディア実践とワークショップ
     社会変革の実践としての批判的メディア実践 / 参加、体験、
     共同、学び――ワークショップという活動 / 実践共同体とそ
     のデザイン / サルトル的実践としての批判的メディア実践
 3-4 社会変革から日常へ
     社会変革志向の実践が孕むもの / ワークショップの陥穽 /
     批判性の喪失 / ワークショップと資本主義 / そして日常の
     実践へ

第4章 テクノロジーと身体の〈アトラクション〉
 4-1 なぜ〈アトラクション〉なのか
 4-2 〈アトラクション〉の日常
     〈アトラクション〉とディズニーランドのアトラクション /
     テクノロジー化した日常 /日常的実践のモデルとしての遊戯
     機械
 4-3 ハビトゥスから〈アトラクション〉へ
     プラチック的実践におけるテクノロジーの不在 /
     身体技法とハビトゥス / ハビトゥスと〈アトラクション〉
 4-4 〈テクノロジーの遊戯〉――物質、運動、ゲーム
     目的・機能から実践を解放するもの / 言語ゲームとしての
     日常的実践 /〈テクノロジーの遊戯〉――知覚の攪乱、第
     二の技術、共同の遊戯
 4-5 遊戯機械、見世物、引力
     「第二の技術」としての遊戯機械 / 回転木馬とコースター
     ――遊戯機械の運動パターン / 見世物という引力 / フジ
     パン・ロボット館 / 〈テクノロジーの遊戯〉としてのスラ
     ップスティック / 魔術としての引きつける力
 4-6 露出症としてのテクノロジーの本性
     テクノロジーと魔法 / ミッキーとキートン――機械としての
     映画 / 露出症としてのテクノロジー

第5章 契機としての〈テクノロジーの遊戯〉
 5-1 サイボーグと縫合
     〈テクノロジーの遊戯〉による非人間化 / サイボーグ化をめ
     ぐって / 縫合と縫合糸
 5-2 文化を脱ぎ捨てる
     経験と貧困と新たな未開――ベンヤミン / 〈テクノロジーの
     遊戯〉としての映画経験 / アトラクションとしての初期映
     画 / 文化から解き放たれること
 5-3 モンタージュとしての動詞
     運動をモンタージュする / 動詞と行為 / 家族的類似性 /
     「遊歩」する動詞 / パノラマ的、ヴォードヴィル的

第6章 ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか

 註
 あとがき
 索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。