大学出版部協会

 

存在顕現の形而上学 一九七八年 ― 一九八〇年

井筒俊彦全集第五巻
存在顕現の形而上学 一九七八年 ― 一九八〇年

井筒 俊彦:著, 木下 雄介:解題・索引
四六判 640ページ 上製函入(ビニールカバー付き)
定価:6,800円+税
ISBN978-4-7664-2075-3 C3310
奥付の初版発行年月:2014年05月 / 発売日:2014年05月上旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

世界から日本へ、井筒哲学第三期が始まる

▼イランから帰国し、長年に亘る海外での思索が日本語著作として結実する著作群(1978年-1980年)を、発表年月日順に収録。

▼今道友信らとの対談や、イスラーム哲学、禅仏教を論じる著作から、師や朋友を語るエッセイまで、日本語で自らの思想を紡ぎだそうとした第三期初動の巻。

▼池澤夏樹、山内志朗、合庭惇各氏の豪華な執筆陣による月報付き。

著者プロフィール

井筒 俊彦(イヅツ トシヒコ)

1914年東京・四ツ谷生まれ。1937年慶應義塾大学英語英文学科卒業、同大学文学部助手。1941年『アラビア思想史』、49年『神秘哲学』。1959年から2年間にわたって中近東・欧米でイスラーム研究に従事。1961年マギル大学客員教授、69年同大学イスラーム学研究所テヘラン支部教授、75年イラン王立研究所教授。
1979年イラン革命激化のためテヘランから日本に帰国。『意識と本質』(1980-82年)、『意味の深みへ』(1985年)、『コスモスとアンチコスモス』(1989年)、『超越のことば』(1991年)、絶筆『意識の形而上学』(1993年)など代表著作を発表。1993年北鎌倉の自宅にて逝去(78歳)。

木下 雄介(キノシタ ユウスケ)

中央大学、学習院大学、駒澤大学非常勤講師(フランス語)。
1957年東京都生まれ。1980年一橋大学社会学部卒業。1986年東京都立大学大学院博士課程満期退学。フランス文学・イスラーム哲学専攻。
主要業績:「不可解なペニュルチエーム――マラルメの散文詩『類推の魔』について」(『東京都立大学人文学報』1984年)、「イブン・シーナーの魂論」(『イスラーム哲学とキリスト教中世』I、岩波書店、2011年)、イブン・シーナー『魂について』(翻訳、知泉書館、2012年)等。

上記内容は本書刊行時のものです。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)

【解題・索引】
木下 雄介(きのした ゆうすけ)
中央大学、学習院大学、駒澤大学非常勤講師(フランス語)。

目次

凡 例

 一九七八年
『イスラーム古典叢書』監修者のことば
東西の哲学〔今道友信との対談〕
モッラー・サドラー『存在認識の道――存在と本質について』解説
『ルーミー語録』解説
『ロシア的人間』後記――新版発刊にさいして
『神秘哲学』新版前書き

 一九七九年
対話と非対話――禅問答についての一考察
追 憶
イスラーム世界とは何か〔岩村忍との対談〕
『イスラーム生誕』はしがき
イスラームとは何か
 一 イスラームとジャーヒリーヤ / 二 イスラーム――実存的飛躍 /
 三 イスラーム精神とジャーヒリーヤ精神 / 四 イスラーム的信仰 /
 五 宗教共同体の成立 / 六 「アブラハムの宗教」 /
 七 アッラーという神 / 八 イスラームの預言者
本質直観――イスラーム哲学断章

 一九八〇年
国際会議・学際会議
道 程
慶應国際シンポジウム所感
武者修業
正師を求めて

イスラーム哲学の原像
  序
 第一部 イスラーム哲学の原点――神秘主義的主体性のコギト
  第一回講演
  Ⅰ 問題の所在 / Ⅱ スーフィズムと哲学の合流 /
  Ⅲ スーフィズムと哲学の歴史的接点 /
  Ⅳ アヴェロイスとイブン・アラビー / Ⅴ 神秘主義とは何か? /
  Ⅵ 自我意識の消滅 / Ⅶ ナジュムッ・ディーン・クブラー /
  Ⅷ シャーマン的世界とスーフィー的世界 /
  Ⅸ 意識構造モデルの基本としての「魂」 / Ⅹ 二つの霊魂観 /
  Ⅺ スーフィー的意識の構造 /
  Ⅻ スーフィー的深層意識と唯識的深層意識
  第二回講演
  Ⅰ 意識の変貌 / Ⅱ 観想のテクニック / Ⅲ ズィクル修行 /
  Ⅳ イマージュの湧出 / Ⅴ 「神顕的われ」と「神的われ」 /
  Ⅵ 神的第一人称 / Ⅶ スーフィズムと哲学的思惟 /
  Ⅷ 意識零度・存在零度 / Ⅸ 意識と存在の構造モデル /
  Ⅹ 哲学的主体性の成立 / Ⅺ 存在世界の段階的構造

 第二部 存在顕現の形而上学
  Ⅰ 序 / Ⅱ 存在概念と存在リアリティー /
  Ⅲ アヴィセンナの存在偶有説 / Ⅳ 形而上的実在としての存在 /
  Ⅴ 意識の変貌 / Ⅵ 表層意識と深層意識 /
  Ⅶ 意識の「ファナー」と「バカー」 /
  Ⅷ 存在の「ファナー」と「バカー」 /
  Ⅸ 人間の三段階 / Ⅹ 存在の自己顕現 /
  Ⅺ 存在顕現の構造学

師と朋友     

 解 題 木下雄介
 索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。