大学出版部協会

 

金融システムの現在

慶應義塾大学経済学部 現代金融論講座
金融システムの現在

四六判 196ページ 並製
定価:2,300円+税
ISBN978-4-7664-2007-4 C3033
奥付の初版発行年月:2013年02月 / 発売日:2013年02月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

金融制度、金融商品の仕組みを分かりやすく解説。

▼慶應義塾大学経済学部にて2011年に開催された講義「金融投資サービス論」(全26講義)の中から、選り抜きの6講義を編集し書籍化。
▼金融庁総務企画局長・森本学氏を始めとする、国の金融政策担当者および金融機関の実務家によって、日本の金融行政、金融業界(証券業、金融取引所)の制度、金融商品の仕組み等が具体的に語られる。近年の金融市場の動きを理解する格好の最適書。

著者プロフィール

吉野 直行(ヨシノ ナオユキ)

慶應義塾大学経済学部教授
専攻 金融・財政政策、マクロ経済政策の実証的研究

藤田 康範(フジタ ヤスノリ)

慶應義塾大学経済学部教授
専攻 経済政策、経済理論

上記内容は本書刊行時のものです。

【編者】
吉野 直行(よしの なおゆき)
慶應義塾大学経済学部教授

藤田 康範(ふじた やすのり)
慶應義塾大学経済学部教授

【著者】(掲載順。役職は講座開講時のものです。変更のある場合には、現在の役職も記してあります。)
森本 学(もりもと まなぶ)
金融庁総務企画局長   
三村 淳(みむら あつし)
金融庁総務企画局総務課国際室長/現在、金融庁監督局証券課長
大久保 良夫(おおくぼ よしお)
日本証券業協会副会長・専務理事
上野 宏(うえの ひろし)
一般社団法人信託協会専務理事
伊藤 渡(いとう わたる)
株式会社東京金融取引所常務取締役
山下 伸一(やました しんいち)
株式会社東京金融取引所市場部長

目次

まえがき

第一章 金融庁と金融行政  森本 学
 一 金融庁の業務と組織
 二 金融行政の最近の課題

第二章 国際的な金融規制改革に関する最近の動向  三村 淳
 はじめに
 一 世界的な金融危機の原因
 二 世界的な金融危機後の対策
 三 金融危機後の新たな国際交渉の枠組み
 四 金融規制改革における日本の立場

第三章 証券市場の課題と自主規制機関の役割  大久保良夫
 一 証券市場の現在までの流れと社会的役割
 二 証券市場の機能と今後の課題

第四章 信託の機能と信託業務  上野 宏
 はじめに
 一 「信託」が意味するもの
 二 世界と日本における信託制度確立の歴史
 三 新法に基づく信託の機能と現状

第五章 金融デリバティブ取引と金融危機への影響  伊藤 渡
 はじめに
 一 金融におけるリスク
 二 市場リスクと金融デリバティブ取引
 三 取引所取引の特徴
 四 金融デリバティブ取引の利用目的、取引例
 五 金融危機における金融デリバティブ取引
    ――サブプライム問題と金融危機の拡大
 六 金融デリバティブ取引の課題と対策

第六章 株価指数取引の現状とその意義  山下伸一
 一 株価指数の種類
 二 日経平均とTOPIX
 三 株価指数先物取引
 四 株式ポートフォリオ
 五 株式ポートフォリオの運用

二〇一一年度「東京金融取引所寄付講座 金融投資サービス論」講義一覧
編者紹介
著者紹介


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。