大学出版部協会

 

語られなかった戦後日本外交

語られなかった戦後日本外交

四六判 288ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1994-8 C0021
奥付の初版発行年月:2012年11月 / 発売日:2012年11月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

戦後日本外交史を人間ドラマや豊富なエピソードで綴る。

▼ポツダム宣言受諾、サンフランシスコ講和、日米安保改定、日中国交回復、沖縄返還――。戦後史を彩るこれら重大な局面には、どのような舞台裏があったのか。知られざる人間ドラマや豊富なエピソードで綴る戦後日本外交史。

▼戦後日本の政治家たちが、国際社会への復帰に向けて苦闘する姿が生き生きと描かれた本書は、「あの時代」をリアルタイムに体験した世代はもちろん、日本政治史、外交史に関心を持つ学部生・大学院生にも「教科書を読む前の一冊」としておすすめ。

著者プロフィール

池井 優(イケイ マサル)

慶應義塾大学名誉教授。1935年生まれ。1959年慶應義塾大学法学部政治学科卒業、1966年同大学院法学研究科博士課程修了。法学博士。1972年から2000年まで慶應義塾大学法学部教授。
専攻は日本外交史。著書に『三訂版 日本外交史概説』(慶應義塾大学出版会、1992年)、『駐日アメリカ大使』(文春新書、2001年)、『白球太平洋を渡る――日米野球交流史』(中公新書、1976年)ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき

第一章 マッカーサーと日本占領
      ―戦後日本に君臨した連合軍最高司令官
第二章 吉田茂とサンフランシスコ講和、日米安保条約
      ―戦争で負けて外交で勝とうとした首相
第三章 "二つの中国"と日本の選択
      ―北京と台北の間で揺れた当局者
第四章 日本の戦後賠償
      ―東南アジア諸国への対応
第五章 鳩山一郎と日ソ国交回復
      ―不自由な体で目的を達成した政治家
第六章 岸信介と日米安保改定
      ―反対運動の渦の中で実現した新安保条約
第七章 ライシャワー大使と文化外交の展開
      ―知日派大使の果たした役割
第八章 池田勇人と東京オリンピックの開催
      ―国民の目を政治から経済に向けさせた総理
第九章 椎名外相と日韓国交正常化
      ―三六年に及ぶ植民地統治の怨念を越えて
第一〇章 佐藤栄作と沖縄返還
      ―戦争で失った領土を交渉で取り戻した稀有の例
第一一章 田中角栄と日中国交回復
       ―ニクソンショックと"逆頭越し外交"
第一二章 第一次石油危機と特使外交
       ―アラブ寄りより"アブラ寄り"といわれた日本
第一三章 三木武夫と蒋介石総統の死去
       ―弔問外交をめぐって
第一四章 日中航空協定と日台路線
       ―実益よりプライドにこだわった台湾
第一五章 大平正芳とモスクワオリンピック不参加
       ―「一番安上がりな対米協力」
第一六章 中曽根康弘と新外交の展開
       ―"ロン・ヤス関係"を演出した総理
第一七章 放言、失言の国際的波紋
       ―藤尾発言、中曽根失言をめぐる外交
第一八章 昭和天皇大喪の礼をめぐって
       ―空前の規模の葬儀
第一九章 湾岸戦争と日本の対応
       ―「小切手外交」といわれた選択
第二〇章 小泉純一郎と対北朝鮮外交
       ―拉致被害者を首脳外交で取り戻した首相

主要参考文献
戦後日本外交史 関連年表


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。