大学出版部協会

 

 ゲーテが導く日独医学交流ドクトルたちの奮闘記

ドクトルたちの奮闘記 ゲーテが導く日独医学交流

四六判 280ページ 上製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-7664-1950-4 C3020
奥付の初版発行年月:2012年06月 / 発売日:2012年06月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

▼詩人ゲーテが見出した名医フーフェラントは、緒方洪庵をはじめとする江戸の
蘭学医に大きな影響を与えた。その「医戒」は、明治以降も日本の医師たちに継承された。

ベルリンでアジア人初の医学士(MD)を取得した順天堂三代目・佐藤進、
近代薬学の父で、日本の女子高等教育にも尽力した長井長義、
ベルリン大学医学部初の女子聴講生をもぎとった杏林女傑・高橋瑞子、
マールブルク大学で女性として初めてMDを得た宇良田唯。

ゲーテが案内する、豊かでエネルギッシュな日独医学交流の物語。

▼石原あえか先生のサントリー学芸賞受賞後第一作。

著者プロフィール

石原 あえか(イシハラ アエカ)

東京大学大学院総合文化研究科准教授。
慶應義塾大学大学院在学中にドイツ・ケルン大学に留学、同大でDr.phil.を取得。学位論文Makarie und das Weltall(1998)以来、一貫してゲーテと近代自然科学を研究テーマとする。2005年にドイツで刊行したGoethes Buch der Naturにより、DAADグリム兄弟奨励賞、日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞を受賞。2011年、近代日独三角測量史を扱ったDie Vernessbarkeit der Erdeを上梓。日本語では慶應義塾大学出版会刊行の著書『科学する詩人 ゲーテ』(2010)によりサントリー学芸賞を受賞。また編著に『産む身体を描く ドイツ・イギリスの近代産科医と解剖図』(2012)などがある。慶應義塾大学商学部教授を経て、2012年4月より現職。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

プロローグ イェーナ大学独文学研究所の先住人
Ⅰ 非公式の医学交流 出島に赴任したドイツ人たち
Ⅱ 大坂の種痘医・緒方洪庵のライフワーク
Ⅲ フーフェラントを見出した詩人ゲーテ あるいは本書のねらい

第1章 詩人ゲーテと主治医フーフェラント
Ⅰ フーフェラントの父とその患者ゲーテ
Ⅱ 「仮死」をめぐる恐怖
Ⅲ ヴァイマルにおける種痘普及活動
Ⅳ イェーナ大学教授抜擢とベストセラー『長寿学』
Ⅴ フーフェラントの『医戒』と近代日本の医師たち

第2章 「シャリテ」と日本のランゲンベック 佐藤進
Ⅰ 「シャリテ」とベルリン大学医学部
Ⅱ 日本のランゲンベック 佐藤進
Ⅲ 佐藤進・志津夫妻と女子美術学校

第3章 長井長義のベルリン生活 あるいはライフワークとしての女性研究者育成
Ⅰ ベルリンに留学した初期の日本人留学生
Ⅱ ラーガーシュトレーム夫人と長井の妻テレーゼ
Ⅲ 近代日本における女性科学者を育てた長井

第4章 明治の「杏林女傑」 高橋瑞子とその周辺
ベルリン大学医学部初の日本人女性聴講生
Ⅰ 森鴎外と日本のドイツ文学研究
Ⅱ 日独シーボルト家出身の女医・イネとシャルロッテ
Ⅲ 高橋瑞子が済生学舎に入学するまで
Ⅳ 順天堂病院での実習からドイツ渡航、医院再開まで
Ⅴ 高橋の刀圭界引退と遺言による骨格標本化をめぐって

第5章 ドイツでMDを取得した初の日本人女性 宇良田唯
Ⅰ 日本における脚気論争 森鴎外 vs 北里柴三郎とその恩人・福澤諭吉
Ⅱ 婚礼の日に消えた花嫁 「もっと勉強したいから」
Ⅲ マールブルク大学最初の女性MD取得者
Ⅳ もうひとりのマールブルク大学私費留学生 心臓ペースメーカーの父・田原淳
Ⅴ 北里門下同士の結婚と中国・天津での活躍

エピローグ ふたたびイェーナにて ゲーテと石原忍
Ⅰ 銀海の独創的研究 ゲーテの 『色彩論』 と石原忍の色覚検査表
Ⅱ 石原の近視研究の原点 光学都市イェーナとカール・ツァイス
Ⅲ 前任者の河本重次郎とヒルシュベルク蔵書
Ⅳ 医師としての心構えと座右の銘


あとがき 先輩ドクトルたちに励まされて
既刊文献リスト


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。