大学出版部協会

 

パウル・クレー 造形の宇宙

パウル・クレー 造形の宇宙

A5判 496ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-7664-1944-3 C3071
奥付の初版発行年月:2012年10月 / 発売日:2012年10月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

「芸術とは、眼にみえるものを再現するのではなく、眼にみえるようにすることだ」

▼「形態」、「色彩」、「記号過程」の観点から、画家の抽象と具象の造形世界を探る本格画家論。

▼パウル・クレー(1879-1940年)は、抽象的フォルムと具象的イメージにまたがる領域を自由に横断する制作を展開し、いずれの流派にも属さない特異な作品群を多数のこした。
画家の叡智の現われである汲み尽せぬ豊穣な造形世界は、いまもなおわれわれの興味を惹いてやまない。

▼形態と記号、あるいは生命的形態と幾何学形態など、一見矛盾しかねない造形がなぜ可能になったのか、また、独特で魅力にあふれた色彩表現は、色彩理論とどのように関連するのか――ゲーテ、オストヴァルト、アルプ、ドローネー等を参照し、クレー芸術の核心に迫る。

著者プロフィール

前田 富士男(マエダ フジオ)

中部大学人文学部教授。慶應義塾大学名誉教授。
1944年生まれ。66年、慶應義塾大学工学部卒業、68年、同文学部卒業。
71年、同大学院修士課程修了。74年に同博士課程単位取得退学。神奈川県立近代美術館鎌倉館に勤務。ドイツ・ボン大学美術史研究所留学(DAAD)。北里大学教養学部勤務後、慶應義塾大学文学部助教授、教授を経て、現在に至る。
著訳書に、ゲーテ『色彩論・完訳版』(共訳、工作舎、1999年)、『伝統と象徴―美術史のマトリックス』(編著、沖積舎、2003年)、『パウル・クレー―絵画のたくらみ』(共著、新潮社、2007年)、『福澤諭吉と近代美術』(編著、慶應義塾大学アート・センター・ブックレット17号、2009年)など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ 形態  Gestaltung
   クレーにおける「分節」概念の成立
   「自然研究の道」  画家クレーにおけるゲーテ
   エネルゲイアとしての造形  ゲーテの植物学と二十世紀美術
   結晶としての造形  クレーとモデルネ
   コンステレーションとしての造形  一九三〇年のクレーとアルプ

Ⅱ 色彩  Farbe
   クレーにおけるオーバーラップ  もうひとつの制作論とガラス絵
   クレーと色彩論
   クレーとオストヴァルト
   色彩論のイデオロギー  オストヴァルトと一九一〇年代の芸術
   と制度絵画の導きとしてのエネルギー  クレーとゲーテ・再考

Ⅲ セミオーシス   Semiose
   眼  クレーにおける記号と形態
   「美しい石切り場」  階層のありか
   アトリエの不在者  力のトポロジーとしての「部屋」
   語り手としての画家、そして語り手たち  クレーとリルケとハウ
   ゼンシュタインクレーとベックマンにおける神話的ノーテーション
    墜落/飛行する男性/女性 

あとがき

巻末附録
 パウル・クレー/年譜
 主要研究資料
 挿図一覧
 人名索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。