大学出版部協会

 

 アヴァンギャルドの架け橋「テル・ケル」は何をしたか

「テル・ケル」は何をしたか アヴァンギャルドの架け橋

四六判 480ページ 上製
定価:4,800円+税
ISBN978-4-7664-1885-9 C0098
奥付の初版発行年月:2011年10月 / 発売日:2011年10月下旬

内容紹介

フランスの小説家フィリップ・ソレルスが中心となって創刊された季刊前衛文芸誌「テル・ケル」(1960-1982)。94号で終刊するまで、「アヴァンギャルド」の旗手として、フランス国内だけでなく、各国へ影響を与えた“戦う雑誌”の足跡を、初めて日本からその意味を問う画期的な研究。

著者プロフィール

阿部静子(アベシズコ)

白百合女子大学非常勤講師
東京大学文学部卒。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。慶應義塾大学文学部非常勤講師等。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

Ⅰ部
一章 「テル・ケル」と(その)時代 
二章 鬼っ子文芸誌の誕生
三章 創刊号
四章 ヌーヴォー・ロマンからアルトー、バタイユへ
五章 「テル・ケル」号のゆくえ

Ⅱ部
六章 バルトとフーコーが「テル・ケル」にしたこと
七章 「テル・ケル」の選択・「テル・ケル」の賭
八章 Never explain, never complain: 「言い訳はしない。不平は言わない。」
九章 失われた「時代」を求めて
おわりに


参考文献
読者のためのブックガイド
年表
「テル・ケル」総目次(フランス語)

索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。