大学出版部協会

 

 —ドイツ不動産強制執行法の理論的・歴史的・体系的構造ドイツ強制抵当権とBGB編纂

慶應義塾大学法学研究会叢書81
ドイツ強制抵当権とBGB編纂 —ドイツ不動産強制執行法の理論的・歴史的・体系的構造

A5判 880ページ 上製
定価:12,000円+税
ISBN978-4-7664-1881-1 C3032
奥付の初版発行年月:2011年09月 / 発売日:2011年09月上旬
発行:慶應義塾大学法学研究会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

ドイツ強制抵当権制度の立法変遷とその構造を明らかにする。
▼ドイツにおける「強制抵当権制度の法形成」、「統一的民法典(BGB)編纂過程」の立法変遷と構造を解明し、日本法への示唆を行う。2003年刊行の『ドイツ強制抵当権の法構造』に続くドイツ強制抵当権研究の成果。

著者プロフィール

斎藤和夫(サイトウカズオオ)

慶應義塾大学法学部教授
1946年生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学法学部助手、専任講師、助教授を経て、1988年から現職。
専攻は民法、担保法;担保実体法(担保物権法・保証法など)・担保手続法(民事執行・保全法・倒産法・民訴法など)、金融法、ドイツ法。
主要著作として、『ドイツ強制抵当権の法構造―「債務者保護」のプロイセン法理の確立』ほか多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はしがき

【ZH制度研究Ⅰ巻の要旨】

序論 本研究の課題と方法

第1章 1874年~・「第1次委員会」審議と強制抵当権
     ――「物権法準備草案・BGB第1草案・GBO第1草案・ZVG第1草案・EGBGB第1草案」の編纂過程――

第2章 1888年~・「各界の反応」と強制抵当権
     ――「草案公表とフィードバック」の編纂過程――

第3章 1890年~・「第2次委員会」審議と強制抵当権
     ――規制法典の変遷(BGBからの分離決定,ZVGへの編入決定,最終局面でのZPOへの編入決定)――

第4章 1898年・ZPOと強制抵当権
     ――ZPO変更法草案(1897年)とライヒ議会「第1次・第2次・第3次」審議――

第5章 1931年・ZPO参事官草案と強制抵当権
     ――修正「平等主義」(順位期間制度)への接合と新制度的機能――

結論的考察

総括

付論文① 我が国の法典編纂過程における「ドイツ強制抵当権制度」と「フランス裁判上抵当権制度」
     ――制度不導入の「動機」の解明――
付論文② ドイツ・プロイセン「剰余・消除・引受」主義の原理的・歴史的構造
付論文③ 日本民法典の編纂
     ――明治期の法典継受――
付論文④ ドイツ不動産強制執行法体系における強制抵当権制度
     ――ドイツ不動産強制執行法研究の一視角――
付論文⑤ 担保権実行競売への新「統合」
     ――「強制競売」の本来型としての担保権実行競売

細目次
巻末文献リスト


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。