大学出版部協会

 

金融資産市場論Ⅲ

慶應義塾大学経済学部現代金融論講座6
金融資産市場論Ⅲ

四六判 248ページ 並製
定価:2,300円+税
ISBN978-4-7664-1877-4 C3033
奥付の初版発行年月:2011年09月 / 発売日:2011年09月下旬

内容紹介

▼米国金融危機後の金融市場の変化を語る。
▼リーマンショック後の金融市場を取り巻く環境の変化、それぞれの金融業態の行動についての金融業界の専門家によるによる講義を収録。

著者プロフィール

吉野直行(ヨシノナオユキ)

慶應義塾大学経済学部教授

藤田康範(フジタヤスノリ)

慶應義塾大学経済学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき
第一章 アセット・マネジメントの成り立ちと今後の展開 渡邊国夫(野村アセットマネジメント株式会社執行役員)
第二章 金融危機、金融規制改革、そして今後の展望 柏木茂介(野村ホールディングス株式会社執行役員)
第三章 クレジット・リスク・データ・ベース 西郷尚史(一般社団法人CRD協会代表理事/現在、代表理事会長)
第四章 国際金融危機と日本経済 井戸清人(日本銀行理事/現在、株式会社国際経済研究所副理事長)
第五章 企業金融工学=コーポレート・ファイナンシャル・エンジニアリング 太田洋子(野村證券株式会社金融工学研究センターIBソリューション・リサーチ・グループリーダー/現在、同センタークオンツ・ソリューション・リサーチ部長)
第六章 経済分析モデルとキャリアの築き方 ロバート・アラン・フェルドマン(モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社経済調査部長)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。