大学出版部協会

 

言語マイノリティを支える教育

言語マイノリティを支える教育

A5判 200ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-7664-1856-9 C3037
奥付の初版発行年月:2011年06月 / 発売日:2011年06月下旬

内容紹介

近年のカミンズ理論が言語教育を変える!
▼著者のジム・カミンズ(J. Cummins)氏は、言語認知・バイリンガル教育に関する理論の世界的権威。主要論文を厳選・訳出し、近年のカミンズ理論を解説。
▼現代日本社会が抱える外国人児童・生徒への言語教育(日本語+母語)について、現場教師の実践を支える言語教育理論を提示する。
▼大学の講座や研修会のテキストとしても活用できるほか、外国人児童・生徒や帰国児童・生徒の受け入れに関わる教育行政、学校当局、そして学校教師の必携書。さらにボランティアとして課外で支援に関わる日本語指導者、教科支援者にも大変役に立つ書。

著者プロフィール

ジム・カミンズ(ジムカミンズ)

トロント大学大学院教授

中島和子(ナカジマカズコ)

トロント大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに――本書のねらいと構成
序章  カミンズ教育理論と日本の年少者言語教育(中島和子)
第1章  バイリンガル児の母語? なぜ教育上重要か(ジム・カミンズ)
第2章  カナダのフレンチイマージョンプログラム――40年の研究から学ぶもの(ジム・カミンズ)
第3章  学校教育でマイノリティ言語児童生徒が成功するための言語心理学的、社会学的基盤(ジム・カミンズ)
第4章  変革的マルチリテラシーズ教育――多言語・多文化背景の子ども(CLD)の学力をどう高めるか(ジム・カミンズ)
第5章  ろう教育における手話と書記英語との関係について(ジム・カミンズ)
終章  トロント補習授業校調査――第1言語(日本語)と 第2言語(英語)の発達上の関係について(ジム・カミンズ&中島和子)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。