大学出版部協会

 

 叡知の哲学井筒俊彦

井筒俊彦 叡知の哲学

四六判 384ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-7664-1811-8 C0010
奥付の初版発行年月:2011年05月 / 発売日:2011年05月下旬

内容紹介

「井筒俊彦」を読み込む。
▼弊社刊『読むと書く?井筒俊彦エッセイ集?』編者の若松英輔氏による、待望の「井筒俊彦論」。世界的なイスラーム学者として著名な井筒の著作は難解であるため、手には取るものの通読を諦めてしまう読者は数多くいた。本書は、井筒の生涯を大きく三部に分けて、それぞれの時節を象徴する著作を中心に、徹底的に読み込み、実証的に論じることによって、井筒哲学への理解を助け、深めようという意図で記された意欲作である。
▼井筒俊彦略年譜つき

著者プロフィール

若松英輔(ワカマツエイスケ)

1968年新潟生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒。㈱シナジーカンパニージャパン代表取締役社長。「越知保夫とその時代」で第14回三田文学新人賞評論部門当選。その他の作品に「小林秀雄と井筒俊彦」、「須賀敦子の足跡」など。『小林秀雄——越知保夫全作品』と『読むと書く——井筒俊彦エッセイ集』では編集を努め解題を執筆。2010年より、三田文学に「吉満義彦」を連載中。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき

第1章 『神秘哲学』——詩人哲学者の誕生

第2章 イスラームとの邂逅

第3章 ロシア、夜の霊性

第4章 ある同時代人と預言者伝

第5章 カトリシズム

第6章 言葉とコトバ

第7章 天界の通訳者

第8章 エラノス——彼方での対話

第9章 『意識と本質』

第10章 叡知の哲学


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。