大学出版部協会

 

 公務員制度改革の政治過程アメリカ都市政治と官僚制

アメリカ都市政治と官僚制 公務員制度改革の政治過程

A5判 312ページ 上製
定価:5,500円+税
ISBN978-4-7664-1785-2 C3031
奥付の初版発行年月:2010年10月 / 発売日:2010年10月下旬

内容紹介

アメリカの公務員制度の発展を都市政府に焦点を当てて分析。
▼19世紀後半から1970年代にかけてのアメリカの公務員制度の発展を、政治過程とのかかわりを重視して、ニューヨーク市、シカゴ市という都市政府に焦点を当てて分析したユニークな研究。
▼徹底した一次資料の調査・渉猟により、アメリカにおける公務員制度の発展過程が“直線的な”制度化の過程ではなく、アメリカに特殊な社会環境や歴史的文脈に強く影響された発展過程をたどったことを指摘して、アメリカ政治の一断面を描き出している。

著者プロフィール

菅原和行(スガワラカズユキ)

釧路公立大学経済学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。

菅原和行(すがわら かずゆき)

釧路公立大学経済学部准教授。

1975年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(法学)。釧路公立大学経済学部専任講師を経て、2008年より現職。専攻はアメリカ政治、行政学。

主要業績に、「アメリカ政治任用制の過去と現在」久保文明編著『オバマ大統領を支える高官たち−政権移行と政治任用の研究』(日本評論社、2009年)、「ニューヨーク市における市制改革とマシーン政治−フィオレロ・ラガーディア市政における公務員制度改革を中心に」『アメリカ研究』第38号、2004年など。

目次

序章
 一 問題の所在
 二 アメリカにおける公務員制度の発展
 三 先行研究
 四 分析の視角

第Ⅰ部 ニューヨーク市

第一章 ニューヨーク市(一八八四−一九三三年)
       ——公務員制度改革とその形骸化
 一 はじめに
 二 ニューヨーク市におけるスポイルズ・システム
 三 ニューヨーク市における公務員制度改革
 四 公務員制度改革の停滞
 五 おわりに

第二章 ニューヨーク市(一九三四−一九五三年)
      ——ラガーディア市政の公務員制度改革
 一 はじめに
 二 ラガーディア市政と公務員制度改革
 三 公務員制度改革の成果
 四 改革を実現させた要因
 五 おわりに

第三章 ニューヨーク市(一九五四−一九七三年)
      ——自律的官僚制の確立
 一 はじめに
 二 行政機能の拡大
 三 ワグナー市政における公務員制度の変容
 四 リンゼイ市政における公務員制度の変容
 五 おわりに


第Ⅱ部 シカゴ市

第四章 シカゴ市(一八九三−一九三一年)
      ——公務員制度改革の停滞
 一 はじめに
 二 シカゴ市における公務員制度改革
 三 公務員制度改革の停滞
 四 改革が停滞した要因
 五 おわりに

第五章 シカゴ市(一九三一−一九五五年)
      ——民主党マシーンの基盤形成
 一 はじめに
 二 シカゴ市の政党政治と公務員制度
 三 ニューディールと公務員制度
 四 ケネリー市政の公務員制度改革
 五 おわりに

第六章 シカゴ市(一九五五−一九八七年)
      ——新たな社会的要請への対応
 一 はじめに
 二 民主党マシーンと公務員制度
 三 スポイルズ・システムの衰退
 四 新たな社会的要求と公務員制度への影響
 五 おわりに

終章
 一 はじめに
 二 比較分析(一) 世紀転換期
 三 比較分析(二) 一九三〇‐四〇年代
 四 比較分析(三) 一九五〇‐七〇年代
 五 おわりに

あとがき

初出一覧
参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。