大学出版部協会

 

 人と学問高橋誠一郎 

高橋誠一郎  人と学問

四六判 232ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1755-5 C0033
奥付の初版発行年月:2010年07月 / 発売日:2010年07月下旬

内容紹介

経済学者・高橋誠一郎の「人と学問」を描く。
▼経済学者・高橋誠一郎生誕125年を記念して慶應義塾大学経済学部が行った連続講演会「高橋誠一郎—人と学問」の講演録を中心に書籍化。他に歿後25年記念講演、三田演説会での高橋に触れた講演も収録。
▼経済学のみならず、浮世絵コレクター、演劇人、文学者、文部大臣としての高橋の姿を、高橋の足跡に精通した斯界の第一人者たちが活き活きと描き出す。


【編者】

塩澤修平(しおざわ しゅうへい)

慶應義塾大学経済学部教授。1955年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ミネソタ大学大学院修了。Ph.D. in Economics。専門は理論経済学。2001年〜2003年内閣府国際経済担当参事官、2005年〜2009年慶應義塾大学経済学部長。主著:『現代金融論』(創文社、2002年)、『説得の技術としての経済学』(勁草書房、2008年)



【執筆者】

渡辺 保(わたなべ たもつ)

演劇評論家。1936年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。東宝入社ののち執筆活動に入る。淑徳大学教授、放送大学教授を歴任。主著:『女形の運命』(紀伊國屋書店、1974年)、『黙阿弥の明治維新』(新潮社、1997年)、『江戸演劇史』上下(講談社、2009年)。



犬丸 治(いぬまる おさむ)

演劇評論家。1959年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。歌舞伎学会運営委員。主著:『市川新之助論』(講談社現代新書、2003年)、『天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む』(雄山閣、2005年)、『歌舞伎座を彩った名優たち−遠藤為春座談−』(編・註。雄山閣、2010年)。



内藤正人(ないとう まさと)

慶應義塾大学文学部准教授。慶應義塾大学アート・センター副所長。1963年生まれ。慶應義塾大学文学部史学科国史学専攻卒業。同大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。博士(美学)。専門は日本美術史。主著:『浮世絵の歴史』[共著](美術出版社、1998年)、『浮世絵再発見』(小学館、2005年)。



佐藤禎一(さとう ていいち)

東京国立博物館名誉館長、国際医療福祉大学大学院教授・学事顧問。1941年生まれ。京都大学法学部卒業。博士(政策研究)。文部事務次官、日本学術振興会理事長、ユネスコ代表部特命全権大使等を歴任。主著:『我が国の教育改革の軌跡と世界の動き』(国立情報学研究所、2001年)、『文化と国際法』(玉川大学出版部、2008年)



猪木武徳(いのき たけのり)

国際日本文化研究センター所長。1945年生まれ。京都大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学大学院修了。Ph.D.in Economics。大阪大学経済学部教授を経る。専門は労働経済学、経済思想、現代日本経済史。主著:『経済思想』(岩波書店、1987年)、『日本の近代(7)経済成長の果実』(中央公論新社、2000年)。



坂本達哉(さかもと たつや)

慶應義塾大学経済学部教授。1955年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士。専門は社会思想史、18‐9世紀のイギリス思想。2005年〜2009年慶應義塾常任理事。主著:『ヒュームの文明社会—勤労・知識・自由—』(創文社、1995年)、『黎明期の経済学』[編著](日本経済評論社、2005年)。



福岡正夫(ふくおか まさお)

慶應義塾大学名誉教授。1924年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。経済学博士。1960年慶應義塾大学経済学部教授。慶應義塾大学経済学部長、同大学院経済学研究科委員長、慶應義塾常任理事を歴任。専門は理論経済学。主著:『一般均衡理論』(創文社、1979年)、『貨幣と均衡』(創文社、1992年)、『均衡分析の諸相』(岩波書店、2007年)



丸山 徹(まるやま とおる)

慶應義塾大学経済学部教授。1949年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科修士課程修了。経済学博士。専門は函数解析学、数理経済学。主著:『積分と函数解析』(シュプリンガー東京、2006年)、『新講経済原論』第二版(岩波書店、2006年)。



高橋誠一郎(たかはし せいいちろう)略歴

1884(明治17)年新潟に生まれる。1898(明治31)年慶應義塾普通科入学。1908(明治41)年慶應義塾大学政治科卒。1914(大正3)年慶應義塾大学部理財科(現在の大学経済学部)教授に就任し、経済原論・経済学史を講ずる。以来、1978(昭和53)年まで三田で講義を続け、義塾における経済学研究の礎を築いた。慶應義塾長代理、文部大臣、日本藝術院院長、国立劇場会長等を歴任。1979年文化勲章受章。1982(昭和57)年2月9日逝去。『重商主義経済学説研究』をはじめとする経済学上の主著は『高橋誠一郎経済学史著作集』(全4巻)にまとめられ、また愛着の深かった浮世絵については『浮世絵二百五十年』および『高橋誠一郎コレクション・浮世絵』(全7巻)、その他多くの随筆集がある。

目次

はじめに    塩澤修平
       
文学者としての高橋誠一郎    渡辺 保

演劇人・高橋誠一郎——観客として・先導者として    犬丸 治

高橋先生と浮世絵コレクション    内藤正人

高橋誠一郎と戦後の文教行政    佐藤禎一

高橋誠一郎からみた福澤諭吉    猪木武徳

社会思想史家としての高橋誠一郎    坂本達哉
 
高橋先生の経済原論    福岡正夫

スミス以前の経済学    丸山 徹

編者・講演者紹介
高橋誠一郎略歴


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。