大学出版部協会

 

 経済危機下の家計行動の変容日本の家計行動のダイナミズム[Ⅵ]

日本の家計行動のダイナミズム[Ⅵ] 経済危機下の家計行動の変容

菊判 332ページ 並製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-7664-1751-7 C3333
奥付の初版発行年月:2010年06月 / 発売日:2010年06月中旬

内容紹介

急激な景気後退に家計はどう対応したか。
「慶應家計パネル調査」の成果発信、第6弾。
▼世界的な経済金融危機を受け、どのような家計がどう影響を受け、どう対処したか。果たして市場の効率性や公正性は保たれているのか。
▼2009年1月の最新調査までを含んだ詳細なパネル・データを用いて、個々の家計の動きを追い、多角的に分析する。
▼KHPS(Keio Household Panel Survey)6年間の調査結果にもとづく家計行動の動態分析。


【編者】

瀬古美喜(せこ みき) 慶應義塾大学経済学部教授

照山博司(てるやま ひろし) 京都大学経済研究所教授

山本勲(やまもと いさむ) 慶應義塾大学商学部准教授

樋口美雄(ひぐち よしお) 慶應義塾大学商学部教授


【執筆者】

直井道生(なおい みちお) 慶應義塾大学経済学部特別研究講師

三好向洋(みよし こうよう) 慶應−京大連携グローバルCOEプログラム研究員

佐藤一磨(さとう かずま)
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員

馬欣欣(ま きんきん) 慶應−京大連携グローバルCOEプログラム研究員

野田顕彦(のだ あきひこ) 
慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程・慶應−京大連携グローバルCOEプログラム研究員

四方理人(しかた まさと) 慶應−京大連携グローバルCOEプログラム研究員

石野卓也(いしの たくや)
慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程・慶應−京大連携グローバルCOEプログラム研究員

石井加代子(いしい かよこ) 慶應義塾大学大学院商学研究科特別研究講師

岡本弥(おかもと ひさし)
京都大学大学院経済学研究科博士課程・慶應−京大連携グローバルCOEプログラムリサーチアシスタント

上村一樹(かみむら かずき)
慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程・慶應義塾大学先導研究センター研究員

阿部修人(あべ なおひと)一橋大学経済研究所准教授

稲倉典子(いなくら のりこ) 社団法人日本経済研究センター研究員

黒田祥子(くろだ さちこ) 東京大学社会科学研究所准教授

矢野誠(やの まこと) 京都大学経済研究所教授

※所属・肩書きは、執筆時(2010年3月31日現在)のもの

目次

はしがき

序 章 本書の目的と概要   瀬古美喜/照山博司/山本勲/樋口美雄
 第1節 本書の目的
 第2節 本書の概要

第Ⅰ部 KHPS の標本特性
第1章 景気変動と家計行動── KHPS2009 年調査から
   直井道生/三好向洋/佐藤一磨/馬欣欣/野田顕彦/四方理人/石野卓也
 第1節 はじめに
 第2節 2009 年調査の概要と回答状況
 第3節 景気変動と家計行動── 2009 年調査結果から
 第4節 おわりに

第Ⅱ部 市場の質と経済危機下の家計行動(査読論文)
第2章 2000 年代後半の貧困動態の確認とその要因   石井加代子
 第1節 はじめに
 第2節 先行研究
 第3節 データの確認
 第4節 2000 年代後半における貧困動態
 第5節 貧困動態の要因分析
 第6節 まとめ

第3章 雇用の非正規化と所得格差   四方理人
 第1節 はじめに──近年の所得格差の動向について
 第2節 先行研究
 第3節 分析手法
 第4節 データの説明
 第5節 分析結果
 第6節 おわりに

第4章 景気後退期の就業行動の変化   佐藤一磨
 第1節 問題意識
 第2節 データ
 第3節 分析手法
 第4節 分析結果
 第5節 結論

第5章 仕事の「満足度」と転職   岡本弥/照山博司
 第1節 はじめに
 第2節 近年の転職状況と転職に関する先行研究
 第3節 実証分析
 第4節 おわりに

第6章 景気変動と家計消費の変動──日本の家計消費は平滑化しているか   馬欣欣
 第1節 はじめに
 第2節 先行研究のサーベイ
 第3節 計量分析の枠組み
 第4節 計量分析の結果
 第5節 むすび

第7章 家計の借入行動と景気変動   野田顕彦/上村一樹
 第1節 はじめに
 第2節 分析の枠組み
 第3節 使用データ
 第4節 推定結果
 第5節 おわりに

第8章 住宅購入計画と目標貯蓄額の歪み──景気変動による予想と現実の乖離   石野卓也
 第1節 はじめに
 第2節 景気変動と住宅のユーザーコスト
 第3節 データと変数
 第4節 推定
 第5節 シミュレーション
 第6節 結論

第Ⅲ部 家計行動変容の諸相
第9章 消費支出データの計測誤差とその相関構造   阿部修人/稲倉典子
 第1節 家計消費支出と計測誤差
 第2節 計測誤差の計測
 第3節 結論

第10 章 家計別インフレ率の分布とその持続性──食料・エネルギー価格の高騰が家計に与えた影響   黒田祥子/山本勲
 第1節 はじめに
 第2節 家計別インフレ率の算出
 第3節 家計別インフレ率の推移
 第4節 家計別インフレ率の持続性
 第5節 おわりに

第11章 競争上公正性から見た我が国の労働市場の質──正規・非正規労働市場の垣根に関する実証分析   照山博司/矢野誠
 第1節 はじめに
 第2節 競争上の公正性
 第3節 正規労働市場と非正規労働市場の垣根に関する競争上公正性
 第4節 非正規労働の参入時効果
 第5節 推計の目的
 第6節 推計データの説明
 第7節 非正規労働就業確率の推計
 第8節 非正規から正規労働への移行確率の推計
 第9節 おわりに

付録 調査票
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。