大学出版部協会

 

福翁自伝 福澤全集緒言

福翁自伝 福澤全集緒言

全書判(B6判変型) 582ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-7664-1626-8 C10
奥付の初版発行年月:2009年05月

内容紹介

[コンパクト版で読む福澤諭吉の本]
 新字・新かなを使用した読みやすい表記、わかりやすい「語注」「解説」による編集。

自伝文学の白眉

「門閥制度は親の敵(かたき)で御座る」。
臨場感あふれる筆致で描く、痛快な人生。

時代を超えて読み継がれる自伝文学の白眉、『福翁自伝』。心血を注いだ著述・翻訳活動に対する思いを綴った『福澤全集緒言』。次世代に託した福澤の「遺言」ともいえる最晩年の2著作を収録。


【編者】
松崎欣一(まつざき きんいち)
1939年生まれ。1963年慶應義塾大学文学部史学科(国史専攻)卒業。1965年同大学大学院文学研究科修士課程修了。1965〜2005年慶應義塾志木高等学校教諭、1996〜2005年慶應義塾福澤研究センター副所長。慶應義塾名誉教諭、慶應義塾福澤研究センター顧問、(社)福澤諭吉協会常務理事。
主な編著作に、『三田演説会と慶應義塾系演説会』(慶應義塾大学出版会、1998)、『福澤諭吉論の百年』(共編、慶應義塾大学出版会、1999年)、『江戸町触集成』(全19巻、共編、塙書房、1994〜2003)、『福澤諭吉書簡集』(全9巻、共編、岩波書店、2001〜2003)、『福澤諭吉の手紙』(共編、岩波文庫、2004年)、『語り手としての福澤諭吉—ことばを武器として—』(慶應義塾大学出版会、2005)など。

目次

福翁自伝
 幼少の時
 長崎遊学
 大阪修業
 緒方の塾風
 大阪を去て江戸に行く
 始めて亜米利加に渡る
 欧羅巴各国に行く
 攘夷論
 再度米国行
 王政維新
 暗殺の心配
 雑 記
 一身一家経済の由来
 品行家風
 老余の半生
福澤全集緒言
 唐人往来
 華英通語
 西洋事情
 雷銃操法
 西洋旅案内
 窮理図解
 洋兵明鑑
 議事院談
 世界国尽
 学問のすゝめ
  学問のすゝめの評
 童蒙教草
 かたわ娘
 改暦弁
 帳合之法
 会議弁
  明治七年六月七日集会の演説
 文明論之概略
 民間経済録
 分権論以下

解 説  松崎欣一


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。