大学出版部協会

 

 奏でられる楽団史シュターツカペレ・ドレスデン

シュターツカペレ・ドレスデン 奏でられる楽団史

A5判 316ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1616-9 C73
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

いぶし銀の響き——その音色の原泉をたどる
▼460年の歴史を誇るザクセンのオーケストラ、シュターツカペレ・ドレスデン(ドレスデン歌劇場管弦楽団)、そのドラマトゥルクだった著者が、劇場所有の豊富な資料と実際の演奏活動ををもとに、16世紀から21世紀までの壮大な楽団史を楽曲形式でまとめあげる。ケンペ、スウィトナー、ザンデルリンク、シノーポリ…ヨーロッパ音楽界のそうそうたる面々が続々登場。クラシックファン待望の一冊。
▼訳者による膨大な人名索引とディスコグラフィーを補完。


【著者】
エーバーハルト・シュタインドルフ
1938年、ツヴィカウ生まれ。ドレスデンで教会音楽、ライプツィヒで音楽学を専攻。ルターの生地アイスレーベンおよびケムニッツの劇場所属のドラマトゥルクとなる。1969年よりシュターツカペレ・ドレスデンのコンサート担当客員ドラマトゥルクとなり、1971年から2004年まで、ドレスデン国立時歌劇場・ザクセン州立歌劇場でシュターツカペレ・ドレスデンのコンサート・マネージャーを務める。首席指揮者ジュゼッペ・シノーポリとベルナルト・ハイティンクを補佐。シュターツカペレ・ドレスデンに関する編著書が多数ある。新聞・雑誌記事、コンサート・プログラム、CD解説書も執筆。勇退後の現在は、ヘンスラー社のCDレーベル「プロフィール(Profil)」のエディツィオーン・シュターツカペレ・ドレスデン(Edition Staatskapelle Dresden)の企画編集に携わるかたわら、19世紀における「ドレスデン王立楽団の演奏会活動」に関する研究を続ける。

【訳者】
識名章喜(しきな あきよし)
1956年東京生まれ。慶應義塾大学商学部教授。1984年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学(ドイツ文学)。慶應義塾大学商学部助手、助教授を経て、2000年より現職。主要著書・訳書に、『ユートピアの期限』(共著、第8章担当、慶應義塾大学出版会、2002年)、『ドイツ語入門I・II』(共著、放送大学教育振興会、2006年)、R.ザフランスキー『E.T.A.ホフマン』(法政大学出版局、1994年)、N.ボルツ『グーテンベルク銀河系の終焉』(共訳、法政大学出版局、1999年)、J.ヘルマント『理想郷としての第三帝国』(柏書房、2002年)などがある。

目次

オーケストラが鳴る前に
はじめに 
『最初の調べ』
カペレとその楽長(カペルマイスター)たち 

間奏をはさんだ主題と変奏

第一変奏


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。