大学出版部協会

 

保険理論の展開

保険理論の展開

A5判 332ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7664-1510-0 C3033
奥付の初版発行年月:2010年03月 / 発売日:2010年04月上旬

内容紹介

▼名著復刊! 現代に甦る保険本質論の最高峰


▼慶應義塾保険学会による特別企画として、慶應義塾大学名誉教授 庭田範秋博士の代表作『保険理論の展開』(初版1966年、有斐閣)を復刻刊行。



庭田範秋(にわた のりあき)


慶應義塾大学名誉教授(経済学博士、商学博士)


1927年東京生まれ。1950年慶應義塾大学経済学部(旧制)卒業、1966年慶應義塾大学商学部教授、1993年退職、名誉教授。東京都厚生年金受給者協会会長、東京都年金受給者協会会長、東京社会保険協会理事、年金融資福祉サービス協会理事長、年金総合研究センター理事長などを歴任。


主要著書に、『保険経済学序説』(慶應義塾大学出版会、1960)、『社会保障の基本理論』(慶應義塾大学出版会、1964)、『保険経営論』(有斐閣、1970)、『社会保障論』(有斐閣、1973)、『損害保険の経済分析』(千倉書房、1979)、『社会保障の課題と財政』(千倉書房、1982)、『生活設計と生活保障』(東洋経済新報社、1986)、『新種保険論』(慶應義塾大学出版会、1988)、『新世紀の保険—問題への果敢な挑戦は最善の保険改革』(編著、慶應義塾大学出版会、2002)、『社会保障と日本の前途』(有斐閣、2005)、『社会保障の失意と希望』(成文堂、2006)、『社会保障の破壊と再築』(成文堂、2007)、他多数。

目次

第一章 保険学方法論
第二章 被保険利益の本質と保険の本質
第三章 利潤と保険
第四章 危険と保険
第五章 時間と保険
第六章 利子と保険
第七章 保険における安全と危険
第八章 保険利潤に関する考察
第九章 『保険利潤の源泉』論争
第十章 保険資本と保険資金——保険の金融理論——


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。