大学出版部協会

 

 明治法制史断章矩を踰えて

矩を踰えて 明治法制史断章

霞信彦:著
四六判 246ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-1443-1 C21
奥付の初版発行年月:2007年11月

内容紹介

▼時は明治。古い法体系が近代法体系へと移り行くそのはざまで、巷(ちまた)を騒がせた事件の「罪と罰」に、法制史家のあたたかく真摯な眼差しが向けられる。自ら史料を発掘し、読み解いてきた著者だけが語れる滋味あふれるエピソードの数々は、読者を歴史のロマンに誘う。


霞 信彦(かすみ のぶひこ)
慶應義塾大学法学部教授。法学博士。
昭和26年生まれ。昭和49年、慶應義塾大学法学部卒業。昭和54年、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。
〔主要業績〕
『法学講義ノート』(第3版、慶應義塾大学出版会、平成19年)、『日本法制史史料集』(共編、慶應義塾大学出版会、平成15年)、『明治初期刑事法の基礎的研究』(慶應義塾大学法学研究会、平成2年)など。

目次

はしがき

Ⅰ 明治「罪と罰」
  仮刑律・新律綱領・改定律例
  明治初期の小型法令集
  笞・杖・徒・流・死
  明治十年代の「死刑」
  「口書」にみる尊属殺
  三百六十日と三百六十五日のはざまで
  笞杖刑より懲役へ
  通貨偽造は「梟」
  犯姦律の改正をめぐって
  鶏姦罪—施行八年半の軌跡
  自首規定、その光と影
  明治七年司法省第十号布達
  明治初期の刑事統計を読む
  旧刑法編纂と司法省
  旧刑法と贈賄罪
  竹橋事件雑考

Ⅱ 実像の「司法職務定制」

Ⅲ 東京集治監創設小史

Ⅳ 時代のはざまに瞬いた人々
  山城屋和助 夢の跡
  異色の陸軍刑法編纂官——岩下長十郎
  忘れられた先駆者——平賀義質
  津田真道の不遇時代
  「東洋のオルトラン」宮城浩蔵
  浪速艦事件——東郷平八郎と藤井三郎
  新治裁判所在勤・司法権少判事 三島毅
  若き日の児島惟謙
  「夜嵐お絹」のことども
  江藤新平と司法制度改革
  届かなかった赦免状—「近藤富蔵」の赦免をめぐって
  「山口多聞」をめぐって


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。