大学出版部協会

 

東アジアにおけるシヴィル・ソサエティの役割

慶應義塾大学法学部渋沢栄一記念財団寄附講座
東アジアにおけるシヴィル・ソサエティの役割

A5判 272ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7664-1378-6 C3030
奥付の初版発行年月:2007年06月

内容紹介

著名人が多数集い、東アジア共同体を語る。
▼福田康夫元内閣官房長官、田中均元外務審議官、エズラ・ヴォーゲル氏など各界の著名人がそれぞれの専門分野の経験を通し、「東アジア」に焦点をあて、現在の日本社会全体への提言を語る。
▼「自発的な市民の集まり」を「シヴィル・ソサエティ」と再定義し、「官」によらない社会発展を展望するシリーズの1冊で、今回は東アジアという地域共同体の中での役割を展望する。


<講師略歴>

福田 康夫
元内閣官房長官、衆議院議員。
1959年、早稲田大学政治経済学部卒業。石油会社に入社し、1976年に退社。衆議院議員秘書となり、1977年

目次

はじめに   渋沢雅英・山本正
二〇〇六年度講義総括   国分良成

1 東アジア共同体と国際社会のガバナンス
日本外交と東アジア


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。