大学出版部協会

 

 量的調査と質的調査の活用社会調査入門

社会調査入門 量的調査と質的調査の活用

A5判 463ページ 上製
定価:7,000円+税
ISBN978-4-7664-1122-5(4-7664-1122-6) C3030
奥付の初版発行年月:2005年02月

内容紹介

実用的な観点から、近年ますます必要とされる「量的調査」「質的調査」のアプローチ双方への理解〜総合的な活用へと導き、調査デザイン・データ収集・データ分析・報告書作成までを網羅した、画期的概説書。


K.・F.・パンチ(Keith F. Punch)

1940年オーストラリア・パース生まれ。西オーストラリア大学卒業、カナダ・トロント大学Ph.D.(教育学)。西オーストラリア大学教育大学院教授を経て、香港・中文大学教育学院教授(Faculty of Education, The Chinese University of Hong Kong)。


川合隆男(かわい たかお)

1938年生まれ。慶應義塾大学法学部卒業、同大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。慶應義塾大学法学部教授を経て、同大学名誉教授。
専攻:近代日本社会学史研究、社会調査論、社会成層論。

目次

第1章 序論
第2章 いくつかの中心的な論点
第3章 調査問題
第4章 調査問題からデータへ
第5章 量的調査のデザイン
第6章 量的データを収集する
第7章 量的データの分析
第8章 質的調査:概説、デザインとグラウンデッド・セオリー
第9章 質的データを収集する
第10章 質的データの分析
第11章 折衷的方法と評価基準
第12章 調査についての著述


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。