大学出版部協会

 

 近現代考古学のすすめモノが語る日本の近現代生活

慶應義塾大学教養研究センター選書1
モノが語る日本の近現代生活 近現代考古学のすすめ

80ページ 並製
定価:700円+税
ISBN978-4-7664-1082-2(4-7664-1082-3) C320
奥付の初版発行年月:2004年03月

内容紹介

考古学の新たな研究領域として多くの可能性を秘めている、近現代考古学を紹介する。


慶應義塾大学文学部助教授。1988年、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。慶應義塾藤沢校地埋蔵文化財調査室主任調査員、慶應義塾文学部非常勤講師を経て1999年より現職。

目次


一 近現代考古学の現状

二 なぜ近現代考古学が必要なのか

三 近現代を考古学するということ

四 発掘された近現代生活
  1 幕末〜明治の西洋遺物
  2 漁村の文明開化
  3 地方都市の生活
  4 軍隊の日常生活
  5 高度経済成長期のくらし

五 モノ研究としての近現代考古学
  1 生活財研究と近現代考古学
  2 遺物の組成と使用期間

六 近現代考古学のすすめ

●参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。