大学出版部協会

 

西洋精神史における言語観の変遷

西洋精神史における言語観の変遷

松田隆美:編著
A5判 320ページ 並製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-7664-1066-2(4-7664-1066-1) C3080
奥付の初版発行年月:2004年03月

内容紹介

哲学、言語学、西洋古典学、イスラーム哲学等の専門家による学際的研究の成果。『西洋精神史における言語観の諸相』に続く第二論集です。
様々な視点を相互利用して、西洋の言語観の変遷を比較思想史的文脈で捉え直しています。


松田隆美
1958年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、中世英文学、思想史。

飯田隆
1948年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、哲学。

西山佑司
1943年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所教授。
専攻は、意味論・語用論・言語哲学。

北原久嗣
1965年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所助教授。専攻は、理論言語学。

高橋通男
1940年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所教授。
専攻は、西洋古典学。

西村太良
1949年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、西洋古典学。

堀江聡
1958年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、古代ギリシア、イスラ−ム、西欧中世の新プラトン主義哲学。

中川純男
1948年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、西洋古代・中世哲学

岩波敦子
1962年生まれ。現在、慶應義塾大学理工学部助教授。
専攻は、ヨーロッパ中世史。

齋藤慶典
1957年生まれ。現在、慶應義塾大学文学部教授。
専攻は、現象学、西洋近・現代哲学。

勝又直也
1970年生まれ。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授。専攻は、中世ヘブライ文学。

野元晋
1961年生まれ。現在、慶應義塾大学言語文化研究所助教授。専攻は、イスラーム思想史。

目次


はじめに                   松田隆美

記述について                 飯田隆

意味、真理条件、認知             西山佑二

人に具わる知識の種子
 プラトンの問題に対するチョムスキーの試み  北原久嗣

ホメ−ロスの言葉と詩人たちの解釈 II
 三つのハパクス・レゴメナ          高橋通男

「若きの花」の変容
 Pindaros Pyth.IV 158            西村太良

ペトラス・ニコラウス羅訳『アリストテレスの神学』
 第一章・第二章               堀江聡 訳

意味と指示
 トマス『真理論』から            中川純男

誓い
 ヨーロッパ中世における言葉の力       岩波敦子

説教の視覚言語
 ロバート・ホルコット『教訓的逸話集』
 (Moralitates)と寓意擬人像の伝統       松田隆美

言語が語り出されるとき…(I)          斎藤慶典


アラビヤ語の卓越性に関する少数派文学の葛藤  勝又直也

初期イスマーイール派の神の言葉論      
 スィジスターニの「神の[創出の]命令の議論について」及び他二篇和訳
                       野元 晋


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。