大学出版部協会

 

 ジェネラティビティ・クライシスをめぐって〈次世代を育む心〉の危機

G-SEC eyes
〈次世代を育む心〉の危機 ジェネラティビティ・クライシスをめぐって

四六判 182ページ 並製
定価:1,800円+税
ISBN978-4-7664-1059-4(4-7664-1059-9) C336
奥付の初版発行年月:2004年04月

内容紹介

ジェネラティビティ・クライシス(<次世代を育む心>の危機)をキー概念として「ひきこもり」「児童虐待」「中高年のうつ病」といった現代社会の代表的な精神病理を、慶應義塾大学病院の現役の臨床医師が易しく解説。社会構造と心理構造との関連性を押さえつつ、その克服法を模索する。「モラトリアム」「パラサイト・シングル」「ネグレクト」といったトピックに関するコラム15編も収録し、メンタルヘルスの入門書としても最適。



小此木啓吾(おこのぎけいご)
慶應義塾大学医学部卒
慶應義塾大学医学部精神神経科助教授、慶應義塾大学環境情報学部教授を経て、
東京国際大学人間社会学部教授、慶應義塾大学客員教授。
専門は、精神医学、精神分析学。
主な著書
『現代精神分析の基礎理論』(弘文堂、1985)
『フロイト−その自我の軌跡』(NHK出版、1973)
『モラトリアム人間の時代』(中央公論社、1978)
『精神分析のすすめ−わが国におけるその成り立ちと展望』(創元社、2003)、他多数。
平成15年9月21日没

濱田庸子(はまだようこ) 
慶應義塾大学医学部卒
慶應義塾大学医学部精神神経科助手、聖徳大学保健センター助教授を経て、
現在、慶應義塾大学環境情報学部助教授、同大学医学部精神神経科兼担助教授。
専門は、精神医学、乳幼児精神保健、学校精神保健。
主な著書
『乳幼児精神医学の方法論』(岩崎学術出版社、1994、共著)
『早期関係性障害−乳幼児期の成り立ちとその変遷を考える』(訳書、岩崎学術出版社、2003、共訳)

山田康(やまだやすし)
東京医科歯科大学医学部卒
井の頭病院勤務を経て、現在、慶應義塾大学医学部精神神経科助手。
専門は、児童思春期精神医学、摂食障害、臓器移植のメンタルヘルス

目次


はじめに 濱田庸子

第1章 ジェネラティビティ・クライシス(generativity crisis):次世代を生み育てる心の危機とは? 濱田庸子
Introduction
1 少子高齢化社会
2 ジェネラティビティ・クライシス
3 アイデンティティ(identity)の確立
4 心理・社会的モラトリアム
5 「父親」のいない社会
6 社会構造の変化と心理構造の変化

 Column 1 日本はモラトリアム社会?
 Column 2 欧米と日本のモラトリアム意識の違いは?
 Column 3 「団塊の世代」とベトナム戦争
 Column 4 「一人っ子」「鍵っ子」と母子密着

第2章 思春期・青年期の心の危機:ひきこもり 濱田庸子
Introduction
1 思春期・青年期の発達課題
2 思春期・青年期の心の危機
3 社会的ひきこもり
4 社会的ひきこもりの多様性
5 ひきこもりの精神病理
6 ひきこもりへの対応

 Column 5 パラサイト・シングル

第3章 家庭における心の危機:児童虐待を中心に 濱田庸子
Introduction
1 児童虐待とは何か?
2 児童虐待の現状
3 虐待された子どもはどうなるのか?
4 児童虐待のメカニズム
5 児童虐待の予防に向けて

 Column 6 父親による児童虐待
 Column 7 児童虐待が増える理由
 Column 8 母性のコンステレーションは意識的な過程か 
 Column 9 ネグレクトする母親の心理
 Column 10 虐待してしまう母親にどう対応すべきか
 Column 11 父親の役割
第4章 社会の変化と中高年の心の危機(1) 山田康
Introduction
1 中高年世代にみられる精神障害
2 精神医学の流れ
3 中高年の気分障害
4 「うつ病」以外の精神障害
5 心の危機を克服するために

Column 12 治療薬の効果
 Column 13 産業医

第5章 社会の変化と中高年の心の危機(2) 小此木啓吾
Introduction
1 アイデンティティとは何か?
2 ライフサイクルと心の危機
3 ジェネラティビティ・クライシス

 Column 14 「上昇停止症候群」をいかに克服するか
Column 15 女性における「上昇停止症候群」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。