大学出版部協会

 

 ハンムラピ法典楔形文字原文の翻訳と解釈古代法解釈

古代法解釈 ハンムラピ法典楔形文字原文の翻訳と解釈

A5判 944ページ 上製
定価:22,000円+税
ISBN978-4-7664-1057-0(4-7664-1057-2) C3032
奥付の初版発行年月:2004年02月

内容紹介

「目には目を、歯には歯を」で知られる世界最古の法典、ハンムラピ法典の楔形文字原文からの全翻訳と解釈を収録。先行研究を詳細に検討しつつ、法史学の立場から独自の解釈を提示する。
法典が刻まれた石柱の全282条と全文・後文の訳と解釈を楔形文字の図版とともに掲載。
石柱のレリーフに描かれた「王笏」の意味についても図説し、解説する。


山梨学院大学法学部教授、中央大学法学部講師、明治大学政治経済学部講師。1945年、東京生まれ。
専門は、西洋法制史、法律ラテン語、ローマ法など。法文化学会理事、地域文化学会理事、比較法文化学会理事。
中央大学法学部卒、中央大学文学部仏文学科学士入学・卒業。UCLAカリフォルニア大学大学院修士課程(フランス文化・比較文体論)、UCLA大学院博士課程(インド・ヨーロッパ学研究科)修了。ロスアンゼルスあさひ学園高校教員、UCLA助手(政治学)、UBS教授等を経て、現在に至る。

目次


まえがき

最古の法律事典とその言語

法の象徴図像「王笏」

ハンムラピ法典前文

ハンムラピ法典楔形文字各条文の邦訳と解釈

ハンムラピ法典後文

主要参考文献

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。