大学出版部協会

 

 植民地期タラスコ地域の村落からメキシコ先住民社会と教会建築

メキシコ先住民社会と教会建築 植民地期タラスコ地域の村落から

A5判 600ページ 上製
定価:15,000円+税
ISBN978-4-7664-1050-1(4-7664-1050-5) C3022
奥付の初版発行年月:2004年02月

内容紹介

スペインによる新大陸征服がもたらした先住民社会の変容を、村落共同体の教会堂建設にかかわる空間構造・経済活動・信仰・職人などから分析する実証研究。
 17世紀、ヌエバ・エスパーニャ(メキシコ)の先住民村落に
出現した華麗な教会堂群に共通の刻印を押した建築様式の流れと、その建築ブームを促した社会的背景を明らかにする。
 ラテンアメリカの植民地美術史とエスノヒストリーの空隙を埋める試み。
 200点を超える貴重な図版を掲載。


1978年 東京外国語大学スペイン語科卒業
1991年 筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科単位取得退学
2002年 筑波大学より博士号(文学)取得
現在、慶應義塾大学商学部教授

著書
 Historia y Sociedad: ensayos del seminario de historia Colonial de Michoacan, Universidad Michoacana-CIESAS, 1997.(共著)
 Arquitectura y espacio social en poblaciones purepechas en la epoca colonial, Universidad Michoacana-CIESAS y Universidad Keio, 1998.(共著)
 『ラテンアメリカ世界を生きる』新評論, 2001.(共著)

目次


第一部 タラスコ地域の教会建築−美術史から−
第一章 西洋美術史の中の植民地美術
第一節 初期研究史
第二節 植民地美術と先住民
第二章 タラスコ地域の教会堂:一般的特徴
第一節 所在地と分布
第二節 一般的特徴
第三章 教会堂正面 
第一節 タラスコ様式の成立
第二節 古典・マニエリスム様式とタラスコ様式からの一時的離反
第三節 建設年代の検証
第四節 タラスコ様式の持続        
第四章 木製天井
第一節 スペインの木製天井とアメリカ大陸への伝播
第二節 タラスコ地域の木製天井
第三節 先住民的なものの表出と図像の問題
   
第二部 タラスコ地域の教会建築−社会文化史から−
第五章 タラスコ人と植民地統治
第一節 タラスコ人・タラスコ地域・ミチョアカン
第二節 先スペイン期のタラスコ人
第三節 征服
第四節 植民地統治機構
第五節 スペイン人都市
第六節 スペイン支配下の先住民村落
第六章 教会堂をとりまく空間
第一節 集住化と村の設立
第二節 新しい村と教会堂
第三節 タラスコ地域の集住化と教会堂
第七章 教会堂建設のコスト:負担者とイニシアティブ
第一節 教会堂建設コストとその負担者
第二節 スペイン人のイニシアティブ
第三節 先住民のイニシアティブ
第八章 教会堂を支えた信仰と病院制度
第一節 タラスコ人のキリスト教信仰
第二節 ミチョアカンの病院制度
第三節 病院の運営にみる十七世紀タラスコ人の信仰
第九章 技術と職人
第一節 先住民職人の教育
第二節 ギルド制と先住民職人
第三節 タラスコ様式を手がけた先住民職人
結び


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。