大学出版部協会

 

グローバル時代の感染症

G-SEC eyes
グローバル時代の感染症

竹内勤:編著, 中谷比呂樹:編著
四六判 268ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-7664-1048-8(4-7664-1048-3) C347
奥付の初版発行年月:2004年06月

内容紹介

わが国でも、SARSなどが新たな感染症として警戒されているが、エイズをはじめ、世界的な規模での流行が増えてきている。また、2001年アメリカで「炭疽菌」が「バイオテロ」として恐れられたように安価に出来上がる「武器」としての感染症に対する対策も必要な時代になってきた。本書は、法律、情報管理、医学などの視点から、国内外のさまざまな現場の問題を明らかにし、今後の課題を論じた画期的な啓蒙書である。



中谷比呂樹(なかたに ひろき)
 厚生労働省大臣官房厚生科学課長。

青木節子(あおき せつこ)
 慶應義塾大学総合政策学部教授。

中村修(なかむら おさむ)
 慶應義塾大学環境情報学部助教授。

島尾忠雄(しまお ただお)
 財団法人エイズ予防財団理事長、財団法人結核予防会顧問。

竹内勤(たけうち つとむ)
 慶應義塾大学医学部教授。日本熱帯医学界理事長。

葛西健(かさい たけし)
 厚生労働省大臣官房国際課、健康局結核感染症課国際感染症対策専門官、WHO西太平洋事務局等を歴任。

樽井正義(たるい まさよし)
 NPO法人 AIDS & Society研究会義副代表、慶應義塾大学文学部教授。

ヘンリー・J・シーゲルソン(Henry.J.Siegelson)
  MD.FACEP

目次

はじめに

第1章 グローバル・イッシューとしての感染症 中谷比呂樹
1 日本の保健衛生の状況/2 感染症対策/3 結核対策/4 予防接種/ 5 わが国および世界のエイズの現状/6 バイオテロと感染症危機管理/7 国際問題としての感染症/8 まとめ

第2章 バイオテロリズムに関する国際的枠組み 青木節子
1 バイオテロリズムの実態と生物兵器の特色/2 テロリズムと国際法/
3 バイオテロ防止のための国際法/4 生物兵器不拡散のための輸出管理
法制の拡充/5 まとめ

第3章 バイオテロと情報管理 中村修
1 アメリカのシステムと日本の対応/2 システムをどうつくるか/3 まとめ

第4章 日本の結核対策に学ぶ——経済発展と感染症制圧 島尾忠男
1 健康と経済/2 結核対策の基盤/3 第二次世界大戦敗戦後の日本の惨状/4 日本はなぜ健康水準でも復興できたか/5 世界の感染症の現状
と対策の国際格差/6 結核問題、結核研究の推移/7 二〇〇〇年G8
サミットの沖縄宣言

第5章 日本の寄生虫疾患制圧の経験を世界に——橋本イニシアティブ
竹内 勤
1 デンバーサミット/2 先進国と開発途上国の比較/3 日本の経験/
4 日本の取組み/今後の展開

第6章 アジアの感染症と日本——国連機関からの視点 葛西 健
1 グローバルな感染症の現状/2 グローバルな感染症への対策/3 な
ぜ感染症対策が必要か/4 日本の役割

第7章 グローバル・イッシューへのNGO/NPOの取り組み 樽井正義
 1 HIVエイズによる世界危機/2 国連エイズ特別総会/3 世界基金と国際エイズ会議/4 治療の南北格差/5 アジアでの取り組み

付録  国際社会とバイオテロ問題 ヘンリー・J・シーゲルソン
1 バイオテロの脅威とは/2 バイオテロへの対応策/3 アメリカで進んでいるバイオテロ対策


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。