大学出版部協会

 

東アジアの女神信仰と女性生活

慶應義塾大学東アジア研究所叢書
東アジアの女神信仰と女性生活

野村伸一:編著
A5判 556ページ 上製
定価:6,200円+税
ISBN978-4-7664-1031-0(4-7664-1031-9) C3039
奥付の初版発行年月:2004年01月

内容紹介

東アジアに通底する基層文化とは何か? 本書は、各地の女神信仰と女性の生活・文
化史を探究するなかで、民俗世界に共通する文化の様相を明らかにする論考集。中国
福建省・貴州省、台湾、朝鮮半島南部、沖縄では、女神を巡ってどのような形の祭祀
活動がみられたのか、何がそれを促したのか? 韓国から3名、中国から2名が加
わった計10名の執筆陣が、各地の祭祀・文化の現状について述べ、歴史的な展望のも
とに位置付ける。


野村伸一
慶應義塾大学文学部教授

田仲一成
(財)東洋文庫図書部長、東京大学名誉教授、日本学士院会員
徐暁望
中国福建社会科学院歴史研究所長

葉民生
福建省芸術研究所芸術理論研究室主任、副研究員[助教授相当]
鈴木正崇
慶應義塾大学文学部教授

上原孝三
沖縄尚学高等学校教諭

奥濱幸子
沖縄民俗研究者

高梨一美
東横学園女子短期大学女性文化研究所教授

韓林花
作家、済州大学校平和研究所特別研究員

李京燁
木浦大学校島嶼文化研究所研究教授

高雲基
東国大学校韓国文学研究所研究教授、延世大学講師

目次


はじめに                       野村伸一
第一部 総説——東アジアの基層文化の基軸を求めて
 東シナ海周辺の女神信仰と女性生活史の視点
      ——基層文化の基軸を求めて        野村伸一
第二部 中国・沖縄・朝鮮の海辺からの眼差し
 第一章 宋元戯曲の女性像と明清戯曲の女性像の比較  田仲一成
 第二章 福建省における女性の生活と女神信仰の歴史   徐暁望
 第三章 女神陳靖姑の儀礼と芸能伝承      葉明生
第四章 女神信仰の現代的変容  
     ——中国貴州省


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。