大学出版部協会

 

 多様化・紛争・統合総合政策学の最先端 III

総合政策学の最先端3
総合政策学の最先端 III 多様化・紛争・統合

A5判 380ページ 上製
定価:2,300円+税
ISBN978-4-7664-1025-9(4-7664-1025-4) C3330
奥付の初版発行年月:2003年10月

内容紹介

「総合政策学」に関する初の本格的・体系的シリーズ。大学改革の先駆として日本で最初に設置されたSFC総合政策学部の過去12年間の研究成果の発信でもある。SFC総政・環情・政メ等の豪華執筆陣(総勢60名、例:小島朋之・金子郁容・国領二郎・草野厚・阿川尚之等)。既存の学問分野に捕らわれない学際的手法によって、高度情報化社会、グローバリゼーション等、現実問題への対応力を持つ新たな知の体系を構築。


執筆者紹介

小島 朋之(こじま ともゆき) 第1章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1967年 慶應義塾大学法学部卒業。1973年 同大学博士課程修了。法学博士。1991年より現職。2001年より総合政策学部長。『東アジアの安全保障』(共編、南窓社、2002年)、『中国の環境問題』(慶應義塾大学出版会、2000年)。

田島 英一(たじま えいいち) 第2章
慶應義塾大学 総合政策学部助教授。1985年 慶應義塾大学文学部卒業。1992年 同大学博士課程修了。1994年 慶應義塾大学総合政策学部専任講師、2001年より現職。『「中国人」という生き方』(集英社、2001年)、『江沢民—朱鎔基の語る21世紀の中国』(共著、白帝社、1999年)。

野村 亨(のむら とおる) 第3章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1974年 青山学院大学文学部卒業。1976年 同大学修士課程修了。日本貿易振興会(ジェトロ)、高校教諭、関西外国語大学助教授を経て1990年 慶應義塾大学総合政策学部助教授、1999年より現職。『岩波講座東南アジア史5--東南アジア世界の再編』(分担執筆、岩波書店、2001年)。『パサイ王国物語--最古のマレー歴史文学』(訳注、東洋文庫690、平凡社、2001年)。

渡辺 吉鎔(わたなべ きるよん) 第4章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1968年 慶應義塾大学文学部卒業。1971年 米国カリフォルニア大学修士課程修了。慶應義塾大学文学部教授を経て1990年より現職。「ソウルの都市化と飲料水」(『Keio SFC Review』2号、1998年)、『韓国言語風景』(岩波新書、1996年)。

柳町 功(やなぎまち いさお) 第5章
慶應義塾大学 総合政策学部助教授。1984年 慶應義塾大学商学部卒業。1990年 同大学博士課程修了。名古屋商科大学助教授を経て1997年より現職。『韓国経済の解剖』(分担執筆、文眞堂、2001年)、『アジア発展のカオス』(共著、勁草書房、1997年)。

平高 史也(ひらたか ふみや) 第6章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1978年 東京外国語大学外国語学部卒業。1999年 独ベルリン自由大学、文学博士。東海大学助教授を経て1990年 慶應義塾大学総合政策学部助教授、2000年より現職。「再統一後のドイツにおける言語普及政策」(『Keio SFC Review』5号、1999年)、『日本語教育史』(共編、アルク、1997年)。

古石 篤子(こいし あつこ) 第7章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1972年 国際基督教大学教養学部卒業。1986年 東京大学大学院博士課程修了。1987年 仏パリ第八大学、言語学博士。流通経済大学助教授を経て1991年 慶應義塾大学総合政策学部助教授、2002年より現職。「『地域言語・少数言語のための欧州憲章』とフランス」(『Keio SFC Review』5号、1999年)、『Studies in Japanese Bilingualism』(分担執筆、Multilingual Matters、2001年)。

木村 護郎クリストフ(きむら ごろうくりすとふ) 第8章
慶應義塾大学 総合政策学部専任講師(有期)。1997年 東京外国語大学外国語学部卒業。2002年 一橋大学博士課程修了。博士(学術)。2002年より現職。『ことばへの権利 : 言語権とはなにか』(共編、三元社、1999年)、「言語論と通貨論の新たな接点-地域通貨の視点から」(『社会言語学』2号、2002年)。

藁谷 郁美(わらがい いくみ) 第9章
慶應義塾大学 総合政策学部助教授。1987年 南山大学文学部卒業。1995年 独ボン大学、文学博士。1998年 慶應義塾大学総合政策学部助手、1999年より現職。『初級ドイツ語』(共著、第三書房、2001年)、『Bibelsprachliche Wortschaetze (聖書特有の語彙について)』(共著、Walter de Gruyter、2002年)。

國枝 孝弘(くにえだ たかひろ) 第10章
慶応義塾大学 総合政策学部助教授。1990年 早稲田大学法学部卒業。1999年 仏トゥールーズ・ル・ミライユ大学、文学博士。1996年 慶應義塾大学総合政策学部専任講師、2001年より現職。「マルチメディア教材の発想・開発・コラボレーション」(共同執筆、『フランス語教育』30号、2001年)、「『罪の中の幸福』における神秘について」(『学習院大学人文科学論集』2号、1995年)。

山本 純一(やまもと じゅんいち) 第11章
慶應義塾大学 環境情報学部教授。1972年早稲田大学政治経済学部卒業。1981年 メキシコ・エル・コレヒオ・デ・メヒコ経済研究センター修士課程修了。1995年 慶應義塾大学環境情報学部助教授、2002年より現職。『インターネットを武器にした<ゲリラ>』(慶應義塾大学出版会、2002年)。「<帝国>に抗するサパティスタ—マルチチュードの可能性」(『神奈川大学評論』45号、2003年)。

奥田 敦(おくだ あつし) 第12章
慶應義塾大学 総合政策学部助教授。1984年 中央大学法学部卒業。1990年 同大学博士課程修了。シリア国立アレッポ大学客員研究員などを経て1999年より現職。「イスラームにおける宗教的義務の『法』的性格」(『Keio SFC Journal』1(1)、2002年)、『フサイニー師「イスラーム神学50の教理」-タウヒード学入門』(訳著、慶應義塾大学出版会、2000年)。

阿川 尚之(あがわ なおゆき) 第13章
在米国日本国大使館公使(広報文化担当)。1977年 米国ジョージタウン大学外交政策学部卒業。1984年 米国ジョージタウン大学J. D. (法学博士)。ニューヨーク州弁護士、などを経て、1999年 慶應義塾大学総合政策学部教授、2002年より現職。『アメリカが見つかりましたか-戦後編』(都市出版、2001年)、『アメリカン・ロイヤーの誕生』中央公論社、1986年)。

堀 茂樹(ほり しげき) 第14章
慶應義塾大学 総合政策学部教授。1974年 早稲田大学教育学部卒業。1977年 慶應義塾大学修士課程修了。1979年 仏パリ第三大学高等研究課程修了。慶應義塾大学文学部助教授を経て、2000年 慶應義塾大学総合政策学部助教授、2003年より現職。「フランスのフェミニズムと文化的伝統」(『大航海』44号、2002年)、「パリテ論争-市民に性差はあるか」(『普遍性か差異か』藤原書店、2001年)。

梅垣 理郎(うめがき みちお) 第15章
慶應義塾大学総合政策学部教授
1969年 慶應義塾大学法学部卒業。1978年 米国プリンストン大学Ph.D.(博士、政治学)。米国ジョージタウン大学助教授などを歴任。1990年より現職。

目次


第1部 多様化する地域

第1章 地域の政治力学と日本—東亜共同体への動き
第2章 後発国民国家のナショナリズムとガバナンス
    −中国「チベット問題」を例に
第3章 東南アジアの国家と社会
第4章 韓国におけるグローバリゼーション受容プロセスと情報化社会の特色—民主化運動とITの融合による韓国版サイバー民主主義
第5章 韓国における企業構造改革の展開
    −外国資本の影響と韓国的経営風土

第2部 多様化する世界と言語

第6章 言語政策の枠組み—現代日本の場合を例として
第7章 バイリンガル教育と言語教育政策
    −フランスと「少数言語」教育
第8章 少数言語に未来はあるか—言語復興の視点から
第9章 宗教と言語
    −キリスト教的要素はいかなる言語表現手段となり得るのか?
第10章 語りと共同性
     −物語から小説への移行からみた近代とは

第3部 多様性の新しい展開

第11章 社会運動とインターネット
     −サパティスタ運動に関する論争をめぐって
第12章 イスラームにおける法発見と法の目的論
第13章 アメリカ憲法に見る政府の役割について
第14章 ヨーロッパ統合の文明的意味、あるいは「近代」の進化
第15章 近代から開発へ
     −多様な世界をめぐる政策アジェンダ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。