大学出版部協会

 

雇用・利子・収益率とジェラール曲線

雇用・利子・収益率とジェラール曲線

四六判 162ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-0973-4(4-7664-0973-6) C3033
奥付の初版発行年月:2003年08月

内容紹介

本書で紹介する「ジェラール曲線」分析は、雇用、実質利子率、および収益率の関係を表すものであり、企業のリストラや海外進出とそれによる産業の空洞化、失業の増大、さらには政府・日銀の進める構造改革や金融政策など、日本経済の当面する諸問題を一つのフレームワークで説明してくれる。
 また、そこから導かれる政策的議論は、フランスを対象としたものであるが、デフレからの脱却を模索する日本にも当てはまるものであり、とくに公的部門についての指摘は、きわめて示唆に富んでいる。


<著 者>
ジャン=ピエール・ジェラール(Jean-Pierre Gerard)
元フランス中央銀行金融政策委員会委員、Club des N°1 Mondiaux Francais a l’Exportation会長。

<訳者紹介>
石橋 春男(いしばし はるお)
大東文化大学環境創造学部教授。主要業績に『現代経済学』(成文堂)、『レオン・ワルラス』(翻訳、多賀出版)、『貨幣数量説の黄金時代』(共訳、同文舘)、『マクロ経済と金融[入門編]』(共著、慶應義塾大学出版会)ほか。

関谷喜三郎(せきや きさぶろう)
日本大学商学部教授。主要業績に『ケインズとケインジアンのマクロ経済学』(共訳、日本経済評論社)、『経済・金融・経営のための数学入門』(共訳、成文堂)、『マクロ経済と金融[入門編]』(共著、慶應義塾大学出版会)、『初心者のための経済学』(共著、創土社)ほか。

栗田 善吉(くりた ぜんきち)
(財)運輸調査局調査研究センター主任研究員、大東文化大学非常勤講師。主要業績に『最適規制−公共料金入門−』(共訳、文眞堂)『貨幣数量説の黄金時代』(共訳、同文舘)ほか。 

目次

プロローグ
序   文
第1章 経営者の行動、実質利子率、および収益率
 1 収益率と実質利子率
   1 収益率と企業経営
   2 長期実質利子率
 2 企業の経営者たちはどのように行動するのか
第2章 雇用と収益率の理論的関係
 1 収益率—雇用曲線の作図
 2 曲線の形状
 3 理論の構築
 4 曲線の意味
   1 収益率と株式収益
   2 企業の相対的な位置
第3章 理論の検討
 1 曲線の形状
   1 過去の曲線の形状
   2 曲線の変化
 2 実質利子率
   1 長期実質利子率の上昇
 3 公的部門の収益率と曲線の形状
第4章 雇用、金融問題、および財政
 1 雇用、収益率、および金融政策
   1 一九八二年における長期実質利子率上昇の帰結
   2 平価切下げ政策の分析
    (1)C1およびr1の状況
    (2)C1とr2の相対的な状況
    (3)相対的状況は曲線C2と実質利子率r1によって定義される
   3 資産価値とインフレーションの調整
 2 雇用政策と収益率—雇用曲線
   1 最低賃金幅の縮小と未熟練労働者支援計画
   2 勤務時間の短縮とワーク・シェアリング
   3 雇用と公共支出との関係
    (1)低収益率企業活動の国有化阻止
    (2)有益な公共事業支出の選択
    (3)国家支出の削減
    (4)企業資産の増加
第5章 経済構造への影響
 1 ドイツ型資本主義対イギリス・アメリカ型資本主義、
    問題は金利なのか
 2 実質利子率の上昇はイギリス・アメリカ型資本主義の
    利点である

訳者あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。